Detail
RSS
【特集・連載】 『フランス・ユダヤの歴史(上・下)』著者の菅野 賢治氏による連載がスタート!
追放、居住許可、移民、難民・・・絶えざる人の流れに彩られた「フランス・ユダヤ」の…………つづきを読む
【新刊案内】 『学術書の編集者』(橘 宗吾著)
読むこと そして 挑発 = 媒介……つづきを読む
【新刊案内】 『「領土」としてのメディア――ディアスポラの母国メディア利用』(李 光鎬著)
異国に住まう「ディアスポラ」 ―― 彼らの母国が表出する「場所」が、メディアの地…………つづきを読む
【新刊案内】 『ブラックアース(上) ―― ホロコーストの歴史と警告』(ティモシー・スナイダー著、池田 年穂訳)
ヒトラーの世界を目撃せよ……つづきを読む
【新刊案内】 『ブラックアース(下) ―― ホロコーストの歴史と警告』(ティモシー・スナイダー著、池田 年穂訳)
ホロコーストの胎動を聴け……つづきを読む
    この他のお知らせはこちら
NewBooks
できたての本
Recommendation
オススメの本
『フランス・ユダヤの歴史(上・下)』著者の菅野 賢治氏による連載をスタート!
『ブラックアース――ホロコーストの歴史と警告』(ティモシー・スナイダー 著、池田年穂 訳)上下巻刊行に伴い、訳者の池田年穂氏よりご寄稿いただきました。訳者 池田年穂 氏による特別寄稿「ティモシー・スナ
言語のアヴァンギャルドをひた走る吉増剛造 自選エッセイ・コレクション
立ち読み:『擬制の論理 自由の不安――近代日本政治思想論』(松田 宏一郎 著)の「序」| 慶應義塾大学出版会
連載「カール・クラウスと危機のオーストリア――世紀末・世界大戦・ファシズム」第1回:「カール・クラウスとは誰か?」を公開しました。
人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール)―| 菊地 暁(KIKUCHI Akira)
「井筒俊彦全集」生誕100年、東洋と西洋の叡知を極めた世界的碩学の全貌がついに明かされる。2013年9月下旬より順次刊行、2015年春完結予定!
 オックスフォード ブリテン諸島の歴史鶴島 博和
被爆者はなぜ待てないか  核 / 原子力の戦後史 奥田 博子 著
PickUp
ピックアップ もっと見る
学術書の編集者
橘宗吾 著
詳細を見る
金融政策の「誤解」――“壮大な実験”の成果と限界
早川 英男 著
詳細を見る
Periodicals
定期刊行物
「三田評論」2016年7月号
特集:体育会125年に向けて
【話題の人】「北海道から新しいサッカーを」(野々村芳和さん、コンサドーレ代表取締役CEO・塾員)
【三人閑談】「橋ものがたり」
詳細を見る
「教育と医学」2016年7号
[特集1:]フリースクールの公教育化をめぐって
[特集2 ]冒険心を育む
詳細を見る
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.