『東南アジア地域入門』特設サイト

立ち読み シリーズ刊行にあたって(山本信人)

『東南アジア地域入門』特設サイト

立ち読み シリーズ刊行にあたって(山本信人)

これから東南アジアを本格的に学ぶ方へ、研究ガイドの決定版!
欧米とは異なる独自の発展と変容をとげつつある東南アジア。その研究シーンのフロントランナーたちが執筆陣に集結、重要研究をわかりやすく紹介しながら、歴史的背景から地域が直面する課題までを新たな切り口で明快に示す。東南アジア地域研究の新しい地平をひらく全3巻。
東南アジアを「研究したい」「知りたい」学部・大学院生はもちろん、アジアを舞台に活躍するビジネスパーソン、メディア関係者なども必読のシリーズです。

 

立ち読み シリーズ刊行にあたって(山本信人)

本書、監修者の山本信人氏による「シリーズ刊行にあたって」より抜粋いたしました。本書の理解を深めるためにお役立てください。


  

 

『東南アジア地域研究入門 1 環境』 (山本 信人 監修、井上 真 編著)

『東南アジア地域研究入門 1 環境』
(山本 信人 監修、井上 真 編著)

〈人間と自然生態系の関係をさぐる〉

多様な生態系を含む東南アジアの地域社会の変容は、西洋的な単線発展モデルよりも人間と自然生態系との相互作用による地域固有の発展として理解することがふさわしい。
本書では、生態史を概観し、人間と自然生態系の関係である「生業」に着目するとともに、近年の重要な論点や現代トピックを整理し、将来の課題を展望する。

●本書の詳細・ご購入はこちら

  

『東南アジア地域研究入門 2 社会』 (山本 信人 監修、宮原 曉 編著)

『東南アジア地域研究入門 2 社会』
(山本 信人 監修、宮原 曉 編著)

〈社会のなかの「生」を問う〉

行為やモノ、思考や言語をやりとりする際の交換やコミュニケーションのあり方が交錯する東南アジア。
人々が生きる日常、そして「社会」の根底にある構造を、「あいだ」という視点から人類学的に問い直し、その多様性の淵源を描き出す 。

●本書の詳細・ご購入はこちら

  

『東南アジア地域研究入門 3 政治』 (山本 信人 監修・編著)

『東南アジア地域研究入門 3 政治』
(山本 信人 監修・編著)

〈独特の政治動態をとらえる〉

「アジアの冷戦」とともにアメリカで発展した政策指向型の東南アジア研究と、諸国家の多様性や国際/地域フェーズの政治力学にも射程を広げてきた日本型の地域研究。
両者の再検討と止揚から新たな分析枠組みを提示し、東南アジア地域独自の政治動態を描き出す。

●本書の詳細・ご購入はこちら

  

書籍詳細

書名 東南アジア地域研究入門
巻号 1.環境 2.社会 3.政治
分野 法・経・ビジネス
初版年月日 2017/2/27
本体価格 3,600円
判型等 A5判/並製/368頁 A5判/並製/356頁 A5判/並製/344頁
ISBN 978-4-7664-2394-5 978-4-7664-2395-2 978-4-7664-2396-9

  

 

監修者、編者紹介

『東南アジア地域研究入門 2 社会』
(山本 信人 監修、宮原 曉 編著)

山本 信人(やまもと のぶと)

シリーズ監修、第3巻・編著者
慶應義塾大学法学部教授、同メディア・コミュニケーション研究所長。
1963年生まれ。コーネル大学大学院政治学研究科博士課程修了。Ph.D. in Government.
専門分野:東南アジア政治史。
主要業績:『東南アジアからの問いかけ』(編著、慶應義塾大学出版会、2009)、Chinese Indonesians and Regime Change (共著, Brill, 2011)ほか。

 

『東南アジア地域研究入門 2 社会』
(山本 信人 監修、宮原 曉 編著)

井上 真(いのうえ まこと)

第1巻:編著者
東京大学大学院農学生命科学研究科教授、早稲田大学人間科学学術院客員教授。
1960年生まれ。東京大学農学部卒。農学博士。
主要著作:Multi-Level Forrest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward(共編著, SAGE, 2015) 『コモンズの思想を求めて―カリマンタンの森で考える』(岩波書店、2004)ほか。

 

『東南アジア地域研究入門 2 社会』
(山本 信人 監修、宮原 曉 編著)

宮原 曉(みやはら ぎょう)

第2巻:編著者
大阪大学グローバルイニシアティブ・センター教授。
1964年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科社会人類学専攻博士課程中退。博士(社会人類学)。
専門分野:社会人類学。
主要業績:『「いたみ」「かなしみ」「他者」の現場――フィールドワークを問う』(GLOCOLブックレット17)(編、大阪大学グローバルコラボレーションセンター、2015)、『着衣する身体の政治学――周縁化される「伝統」の共鳴』(共編、大阪大学武田研究室、2009)ほか。

 

  

執筆者紹介

■『東南アジア地域研究入門 1 環境』
柳澤雅之 (やなぎさわ まさゆき) 京都大学東南アジア地域研究研究所准教授
古澤拓郎 (ふるさわ たくろう) 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授
小泉 都 (こいずみ みやこ) 京都大学総合博物館所属日本学術振興会特別研究員
横山 智 (よこやま さとし) 名古屋大学大学院環境学研究科教授
岡本郁子 (おかもと いくこ) 東洋大学国際地域学部教授
赤嶺 淳 (あかみね じゅん) 一橋大学大学院社会学研究科教授
佐藤 仁 (さとう じん) 東京大学東洋文化研究所教授、プリンストン大学ウッドロー・ウィルソンスクール客員教授
藤田 渡 (ふじた わたる) 大阪府立大学人間社会システム科学研究科准教授
笹岡正俊 (ささおか まさとし) 北海道大学大学院文学研究科准教授
生方史数 (うぶかた ふみかず) 岡山大学大学院環境生命科学研究科准教授
内藤大輔 (ないとう だいすけ) 京都大学東南アジア研究所・機関研究員、国際林業研究センター・アソシエイト
百村帝彦 (ひゃくむら きみひこ) 九州大学熱帯農学研究センター准教授
原田一宏 (はらだ かずひろ) 名古屋大学大学院生命農学研究科教授
寺内大左 (てらうち だいすけ) 京都大学東南アジア地域研究研究所研究員
山本博之 (やまもと ひろゆき) 京都大学東南アジア地域研究研究所准教授
■『東南アジア地域研究入門 2 社会』
木村 自 (きむら みずか) 人間文化研究機構特任助教
小林 知 (こばやし さとる) 京都大学東南アジア地域研究研究所准教授
長坂 格 (ながさか いたる) 広島大学大学院総合科学研究科准教授
島薗洋介 (しまぞの ようすけ) 大阪大学グローバルイニシアティブ・センター講師、同大学院人間科学研究科講師(兼任)
小池 誠 (こいけ まこと) 桃山学院大学国際教養学部教授
信田敏宏 (のぶた としひろ) 国立民族学博物館教授
横田祥子 (よこた さちこ) 滋賀県立大学人間文化学部助教
原めぐみ (はら めぐみ) 大阪大学未来戦略機構特任助教
伊藤 眞 (いとう まこと) 首都大学東京人文科学研究科客員教授、首都大学東京名誉教授
市川 哲 (いちかわ てつ) 名古屋市立大学人文社会学部准教授
床呂郁哉 (ところ いくや) 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授
新井健一郎 (あらい けんいちろう) 亜細亜大学都市創造学部准教授
尾上智子 (おのえ ともこ) 大島商船高等専門学校講師
片岡 樹 (かたおか たつき) 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授
小河久志 (おがわ ひさし) 常葉大学社会環境学部専任講師
東賢太朗 (あずま けんたろう) 名古屋大学大学院文学研究科准教授
■『東南アジア地域研究入門 3 政治』
太田 淳 (おおた あつし) 慶應義塾大学経済学部准教授
大庭三枝 (おおば みえ) 東京理科大学工学部教授
長津一史 (ながつ かずふみ) 東洋大学社会学部准教授
鈴木絢女 (すずき あやめ) 同志社大学法学部准教授
高木佑輔 (たかぎ ゆうすけ) 政策研究大学院大学助教授
中西嘉宏 (なかにし よしひろ) 京都大学東南アジア地域研究研究所准教授
岡本正明 (おかもと まさあき) 京都大学東南アジア地域研究研究所教授
永井史男 (ながい ふみお) 大阪市立大学大学院法学研究科教授
鈴木早苗 (すずき さなえ) 日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員
本名 純 (ほんな じゅん) 立命館大学国際関係学部教授
五十嵐誠一 (いがらし せいいち) 千葉大学法政経学部准教授
見市 建 (みいち けん) 岩手県立大学総合政策学部准教授
山田 満 (やまだ みつる) 早稲田大学社会科学総合学術院教授
土佐弘之 (とさ ひろゆき) 神戸大学大学院国際協力研究科教授