塾員・三田会関係者の皆様へのご案内
         
  ■ご挨拶  
  
 

当ページは、慶應義塾大学出版会より塾員および三田会関係者の皆様へ書籍などをご案内するページです。
ご高覧のうえご活用ください。
慶應義塾大学出版会から塾員の皆様へ

 
     
  ■塾員・三田会関係者の皆様へのお知らせ  
  
  2012.12.20 慶應カード事務局発行の「慶應カードニュース」に「CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演」のご案内を同封しております。是非ご一読ください。
「慶應カード」に関するご案内はこちら
「CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演」のご案内・FAXご注文用紙はこちら
   
  
  2012.12.18 「三田ジャーナル」内でご案内しました――平成24年度の栄ある義塾賞の中に、5氏の教授による出版会から出版された業績が含まれています。
義塾賞に輝く5冊のご紹介   
「三田ジャーナル」に関するご案内はこちら
   
  
  2012.10.01 慶應義塾大学出版会では塾員の皆様の専用読書クラブ「KEIO BOOK CLUB」を開設しております。是非ご活用ください。
「KEIO BOOK CLUB」はこちら
   
  
  2012.10.01 「CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演」のご案内を慶應連合三田会「三田ジャーナル」誌面にてご紹介しました。また、当シリーズについて一部を試聴開始しました。ぜひご活用ください。
CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演のご案内はこちら
   
  
 
 
慶應義塾大学出版会から塾員の皆様へ
  
 

 私共は慶應義塾のユニバーシティ・プレスとして平成24年(2012)に創立65周年を迎えました。
 慶應義塾には、わが国ではじめて大学出版会、つまりユニバーシティプレスに当る活動を開始した歴史があります。福澤諭吉先生が明治5年(1872)につくられた慶應義塾出板社がそれです。このとき出板とされたのは版木をつかった印刷だったからです。ここから「学問のすすめ」「西洋事情」をはじめ日本近代化のための啓蒙書や教科書が多数出版されて、義塾出身者が全国で普及させることにつながります。

 その後、福澤先生による出版啓蒙活動は、時事新報社に発展して行ったために、一時義塾に出版社は無くなりましたが、これを引継いで、昭和11年(1936)小泉信三塾長が慶應出版社を設立、大学の知を次の世代に伝える任務を確立します。そして戦後、いち早く昭和22年(1947)に慶應通信教育図書鰍ニして再スタートし、平成8年(1996)、現在の慶應義塾大学出版会に社名を変更して、順調に知の成果の発信を行い、発展しております。

 出版会の使命は、慶應義塾における研究・教育の成果を広く発信することにありますが、とくに慶應義塾研究と福澤諭吉研究の二大分野における出版で、つねに社中一致協力のためにお役に立つことを考えてまいりました。

 当ページは、その一環として塾員および三田会関係者の皆様へ書籍などをご案内いたします。
 ご高覧のうえご活用ください。

慶應義塾大学出版会ウェブサイトはこちらです。

   
 
 
Linkいただいている三田会ウェブサイトのご紹介
  
 

 弊社ウェブページへリンクをいただいている三田会をご紹介いたします。
 ご協力いただきありがとうございます。

  
 
SFCの卒業生が集う三田会です。
   
 
 
塾員の皆様の読書クラブ「KEIO BOOK CLUB」のご案内
  
 
  
「KEIO BOOK CLUB」へのご登録はこちらからお願いします。
 
「KEIO BOOK CLUB」サービスのご紹介
   
会員の方には、次のようなサービスをご提供いたします。ぜひご登録ください。
   
1. 会員限定の読み物、慶應義塾や福澤諭吉に関する書籍、ジャーナル等の情報をご覧いただけます。
  
2.. 購入書籍を送料無料でお届けします。
  
3.. ご注文から24時間以内に発送します。
(土日祝日、年末年始休暇を除きます)
  
4.. 割引対象書籍を定価5%割引きでご購入いただけます。
  
★リーフレット(三折り)も併せてご覧ください。
     
   
 
 
義塾賞に輝く5冊のご紹介
 
平成24年度の栄ある義塾賞の中に、5氏の教授による出版会から出版された業績が含まれています。
 
納富信留(文学部教授)『プラトン 理想国の現在』   納富信留(文学部教授) 著
  『プラトン 理想国の現在』
   
  「理想」とは何か? プラトン主著に挑む。
ユートピア論最大の著作『ポリテイア』は、理想の国家建設を目指す近代日本の魂を揺さぶった。 やがて、全体主義のイデオロギーに利用されてゆく運命を辿った問題作の核心に触れる、野心的な一冊です。
  詳細はこちら
駒形哲哉(経済学部教授)『中国の自転車産業――「改革・開放」と産業発展』   駒形哲哉(経済学部教授) 著
  『中国の自転車産業――「改革・開放」と産業発展』
   
  中国の産業発展のダイナミズムを解明。
今日圧倒的な世界シェアをもつ中国の自転車産業をとりあげ、めまぐるしく変化する産業集積、政府の役割や電動自動車への発展展望を多角的に分析し、中国自転車産業のダイナミズムを明らかにする。
  詳細はこちら
岩谷十郎(法学部教授)『明治日本の法解釈と法律家』   岩谷十郎(法学部教授) 著
  『明治日本の法解釈と法律家』
   
  未知の法制度への転換に法律家はいかに呼応したか?
明治初期から大正期の陪審法に至るまでの法曹三者による法廷運営の中に、彼らの「目の高さ」に映じた変革の実相を読み込み、いわば制度の「内側」からの視点で近代法史を描写する。
  詳細はこちら
小野修三(商学部教授)『監獄行政官僚と明治日本――小河滋次郎研究』   小野修三(商学部教授) 著
  『監獄行政官僚と明治日本――小河滋次郎研究』
   
  日本の刑事施設に画期的な改良をもたらした「監獄法」(明治41年)制定への尽力や、救貧・感化・慈善を行う社会事業と行政との共働構想などを論じ、歴史的事実を越えた小河滋次郎の思想・行動の意義を雄弁に物語る好著です。
  詳細はこちら
西澤直子(福澤研究センター教授)『福澤諭吉と女性』   西澤直子(福澤研究センター教授) 著
  『福澤諭吉と女性』
   
  明治の日本で、当時の常識「女は男よりも劣る」に真っ向から異を唱え、「男女平等」を公言するばかりではなく、個人としての生活でもその姿勢を貫いた福澤諭吉。彼の生涯にわたる主張「独立自尊」と、女性の地位向上はどのように結びついたのか。
  詳細はこちら
   
 
 
「CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演」 のご案内
 
「CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演」のご案内・FAXご注文用紙はこちらです。ご活用ください。
   
小泉信三 福澤諭吉を語る
 

小泉信三 福澤諭吉を語る

    
 
小泉 信三 講演
    
音声CD3枚+解説冊子20頁
初版年月日:2011/07/20
ISBN:978-4-7664-1845-3
定価 6,300円(本体 6,000円)
  
詳細を見る
  
 

あの、名講義・名講演が いまCDで甦る!。

昭和33年〜40年の「福澤先生と近代日本」「福澤諭吉と北里柴三郎」「私の読書歴」「スポーツが与える三つの宝」の小泉信三の4つの講演を3巻組のCDに収録し、様々な角度から、肉声を通して小泉信三という人物の語り口に触れることができる待望の講演CD集。小泉信三の肉声を聞かれた方も、その声を初めて聞く方にも最適な小泉信三入門。
図書館館外貸出可。

 

  ★このCDに収録されている一部をご試聴いただけます。CD1「福澤先生と近代日本」より
   
   
   
   
西脇順三郎 最終講義
 

西脇順三郎 最終講義

    
 
西脇 順三郎 講演
    
音声CD2枚+解説冊子16頁
初版年月日:2011/06/20
ISBN:978-4-7664-1846-0
定価 5,250円(本体 5,000円)
  
詳細を見る
  
 

▼西脇順三郎の慶應義塾大学における最終講義(昭和37年)とその2年後におこなった慶應義塾大学文学部講座「詩学」での詩論の2つの講義により西脇順三郎の世界へ誘う。西脇の最終講義はユーモアに溢れ、かつ真摯な語りに聴衆は魅了されたという伝説の講義である。
図書館館外貸出可。

  このCDに収録されている一部をご試聴いただけます。CD1 慶應義塾大学最終講義「ヨーロッパ現代文学の背景と日本」より
   
   
   
   
鈴木孝夫 世界の中の日本と日本語
 

鈴木孝夫 世界の中の日本と日本語

    
 
鈴木 孝夫 講演
    
音声CD2枚+解説冊子16頁
初版年月日:2012/03/20
ISBN:978-4-7664-1913-9
定価 5,250円(本体 5,000円)
  
詳細を見る
  
 

鈴木孝夫が語る、日本と日本語の未来!

▼日本を代表する言語社会学者である鈴木孝夫が1990年代に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で行った講義「言語と伝達」を2枚のCDに収める。
▼日本と日本語の行く末を案じ、言語教育政策と日本人論の強烈な論客である鈴木のエネルギッシュな講義内容は、聴く者を圧倒し、そして力強く励ます。

  このCDに収録されている一部をご試聴いただけます。CD1 慶應義塾大学SFC講義「言葉と伝達」より
   
   
   
   
江藤淳 漱石と近代日本文学
 

江藤淳 漱石と近代日本文学

    
 
江藤 淳 講演
    
音声CD3枚+解説書16頁
初版年月日:2012/02/15
ISBN:978-4-7664-1912-2
定価 6,300円(本体 6,000円)
  
詳細を見る
  
 

江藤淳、生誕80年!
江藤淳が語る漱石と近代日本文学。

▼「漱石と明治の文学」「有島武郎と大正の文学」「漱石の文学」の3つの講義・講演を収録し、江藤淳の漱石論、近代文学論を存分に肉声で伝える。
▼図書館館外貸出可。

  このCDに収録されている一部をご試聴いただけます。CD1 慶應義塾大学講義「現代文学」より「漱石と明治の文学」より
   
   
   
   
      
      
◆ご紹介した書籍を一括で購入いただけます。
      

書名

価格(税込)

購入

 小泉信三 福澤諭吉を語る

6,300円

      

 西脇順三郎 最終講義

5,250円

      

 鈴木孝夫 世界の中の日本と日本語

5,250円

      

 江藤淳 漱石と近代日本文学

6,300円

      
      
      
ご注文は上の「購入」チェックボックスをチェックしていただいた後、 以下のボタンをクリックして進んでください。
      

 
 
 
      
        
      
 
 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.