Pick Up
ピックアップ RSS


Page 1 : 1-20/Total 1028   123456789
小高い丘の上に漂うのは潮の香り。海の向こうと江戸・東京をむすびつける中継地――三田。そこでは多くの文人たちが集い、「先生」となって、あらゆる学問を若者に教えました。西洋と東洋、過去と未来、あこがれと幻滅……彼ら先生たちのいとなみを、いくつかのキーワードとともにのぞいてみましょう。
【テーマで読む】三田の文人は先生だった
慶應義塾大学出版会では、1953(昭和28)年から、子どもの「教育」と「医学」「心理」を通して、子どもの育ちを支える情報を発信する雑誌「教育と医学」を刊行しています。

ここでは、子どもに関する様々な問題を扱った書籍と「教育と医学」を、4つのテーマに分類して紹介します。
【テーマで読む】子どもの心とからだを考え・支える人のために――雑誌「教育と医学」と関連書籍
グローバル化は人々に多くの恩恵をもたらした一方で、格差や社会分断を生みました。
各国で権威主義が台頭、移民・難民排斥の動きも強まっています。
また国際関係も変化を迎えています。
国内問題に追われるアメリカ。近隣地域と対立を強める中国。アジア台頭と存在感を弱める欧州。
そして人の移動を阻む新型コロナウイルス流行。今まさに民主主義は挑戦を受けています。
ここでは10のテーマから、私たちが生きる激動の時代を見通すヒントとなる本をご紹介します。
【テーマで読む】いま世界で何が起きているのか――政治・社会を見通すための35冊
スキマ時間を使って「学び方」から学んでみませんか? 学生の皆さまはもちろん、調査・分析業務やレポート作成を行う社会人の皆さまにもぜひ役立てていただきたい書目をご紹介します。
【立ち読み公開】学び方を学ぶ。「学習実用書」のご案内
菅野 昭正 編著
遠藤周作 神に問いかけつづける旅
タナハシ・コーツ 著、池田 年穂 訳、長岡 真吾 訳、矢倉 喬士 訳
僕の大統領は黒人だった 上――バラク・オバマとアメリカの8年
タナハシ・コーツ 著、池田 年穂 訳、長岡 真吾 訳、矢倉 喬士 訳
僕の大統領は黒人だった 下――バラク・オバマとアメリカの8年
福澤 諭吉 著、加藤 紳一郎 訳
現代語訳 女大学評論 新女大学
小泉 明子 著
同性婚論争──「家族」をめぐるアメリカの文化戦争
日本心理劇学会 監修、土屋 明美 編著、茨木 博子 編著、吉川 晴美 編著
心理劇入門――理論と実践から学ぶ
小熊 英二 編、樋口 直人 編
日本は「右傾化」したのか
西沢 和彦 著
医療保険制度の再構築――失われつつある「社会保険としての機能」を取り戻す
平野 裕之 著
新・考える民法 W 債権各論
安冨 潔 著
刑事法実務の基礎知識――特別刑法入門1 【第2版】
望月 典子 著
タブローの「物語」――フランス近世絵画史入門
長谷川 修一 著
旧約聖書――〈戦い〉の書物
一木 薫 著
重度・重複障害教育におけるカリキュラム評価――自立活動の課題とカリキュラム・マネジメント
鈴木 慶孝 著
〈トルコ国民〉とは何か――民主化の矛盾とナショナル・アイデンティティー
久保田 淳 著
「うたのことば」に耳をすます
伊藤 融 著
新興大国インドの行動原理――独自リアリズム外交のゆくえ
Page 1 : 1-20/Total 1028   123456789

他ジャンル

ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.