慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2018年2月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第3──三田評論 2016年3月号

   
 

グーテンベルク聖書

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

グーテンベルク聖書は一四五五年頃にドイツ・マインツの金細工師ヨハネス・グーテンベルクが世界で初めて活版印刷技術を用いて刊行した聖書である。活版印刷の試行錯誤を繰り返していたグーテンベルクは、ヨハン・フストの経済的支援を受けて、聖ヒエロニムスがギリシャ語からラテン語に訳した『ウルガータ聖書』を本文として選び、ほとんどのページを四十二行で印刷した。このことから『四十二行聖書』とも呼ばれている。用紙には羊皮紙または紙が用いられ、一八〇部ほど制作されたと考えられているが、不完全なものも含め、現存が確認されているのは四十八部のみである。


慶應義塾図書館はアジアで唯一、紙に印刷された上巻一冊を所蔵している。グーテンベルク聖書は、本文の印刷後、未製本のままヨーロッパ各地に送られ、装飾師によって朱書きや彩飾が施された上で趣向を凝らした製本が行われた。そのため一つとして同じものがなく、義塾図書館所蔵本(以下、「慶應本」)にも個性豊かな特徴がある。主な点を紹介しよう。


まず冒頭を見ると、二色で印刷された四十行組みのページに気づく。これは四十二行とする前に、四十行で印刷を試みたページと言われている。表紙は空押し模様が施された革装丁で、表表紙、裏表紙とも五つの金具がついている。さらに小口にある丸い小さな革ボタンは、聖書の各書冒頭を示す見出しで、現存するグーテンベルク聖書の中で慶應本だけに見られる特徴である。なお、マインツで印刷、装飾、製本された三部の現存本の一つであることも特筆すべき点である。


慶應本は、十五世紀から十八世紀まではマインツの修道院に保存されていたと考えられているが、十九世紀中頃には、イギリスのゴスフォード伯爵(一八〇六―一八六四)の所蔵であったことが判明している。その後、幾人かの蔵書家や古書業者の手を経て、一九五〇年に初めて大西洋を渡り、アメリカ・カリフォルニアの石油王として知られるエドワード・ロレンス・ドヒニーの未亡人エステラ(一八七五―一九五八)の蔵書となった。


夫人は自ら設立した神学校の図書館に収蔵したが、一九八七年に夫人のコレクションが競売にかけられると、その一部であった慶應本は丸善株式会社(当時)により印刷本の価格としては当時の世界最高額で落札され、一九九六年に慶應義塾が購入した。


義塾ではこれを機にHUMIプロジェクト(一九九六〜二〇〇一)が開始され、慶應本をはじめ多くの貴重書がデジタル化された。慶應本は現在まで連綿と続く義塾の貴重書デジタル化の先駆けとなり、義塾のデジタル人文学研究を象徴する書物といえよう。(三田メディアセンター 倉持 隆)

line
バックナンバー
 

 

第23回
出願から入学まで


2018年2月号掲載

第22回
世福澤諭吉記念文明塾


2018年1月号掲載

 

第21回
世紀送迎会


2017年12月号掲載

 

第20回
メジャーリーグへの挑戦は三田の地から〜綱町グラウンド〜


2017年11月号掲載

 

第19回
山中資料センター


2017年10月号掲載

 

第18回
三田キャンパスの樹勢調査と屋外整備


2017年8月号掲載

 

第17回
オープンキャンパス


2017年7月号掲載

 

第16回
立科山荘


2017年6月号掲載

 

第15回
慶應稲荷社


2017年5月号掲載

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 

 

 

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.