慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2018年2月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第13──三田評論 2017年3月号

   
 

早慶戦百周年記念碑

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

 綱町グラウンドに入ったことのない塾員の方も多いかもしれない。三田キャンパスにほど近く、綱町三井倶楽部の裏手に位置するが、明治三十六(一九〇三)年、三田山上にあった運動場が狭くなったため、塾長鎌田栄吉が侯爵蜂須賀茂韶(しげあき)所有地を購入、そこを義塾の運動場としたことに起源がある。


 現在、柔道場、剣道場、弓道場を持つ綱町武道館や相撲道場、空手道場などがあり、体育会各部の拠点となっているほか、中等部の体育の授業やクラブ活動が行われている。


 この綱町グラウンドに早慶戦百周年記念碑が建てられている。第一回の早慶野球戦は明治三十六年十一月二十一日、この綱町グラウンドで行われた。同月五日の早稲田大学野球部から義塾に届いた「挑戦状」に「貴校と当校とは是非共マッチを致す可き者」と塾野球部は応答したのであった。結果は、主将だった宮原清(後に日本社会人野球協会〔現日本野球連盟〕初代会長)やエース桜井彌一郎らの活躍で11対9で義塾の勝利。その後長く続くことになるライバル校同士の戦いを制したのだった。


 約三千人の観衆を集め、なかなかの好勝負であったことから、早慶戦は翌年より春、秋に一試合ずつ行うことが取り決められる。ところが前年秋から三回勝負となった明治三十九年、一勝一敗となり三回戦が行われる予定であった十一月十一日、両校応援団の熱狂が極に達し、いかなる事態を引き起こすかもしれないありさまとなって、義塾と早大側は協議し、試合を中止することとなった。


 当時三田山上は大変な騒ぎだったようだ。当時学生で寄宿舎の寮長であった高橋誠一郎の回想によれば、鎌田塾長が早慶戦中止後、寄宿舎生が不穏の挙に出た責任をとって寮長は退舎しろ、という問題にまで発展したそうである(「三田評論」『新編随筆慶應義塾』所収)。その後、早慶野球戦は大正十四年の復活まで約二十年間開かれることはなかった。さて、この早慶戦百周年記念碑だが、平成十五(二〇〇三)年十一月二十一日、第一回早慶戦からちょうど百年目となる日に除幕式が行われた。式では早稲田からの挑戦状と慶應からの返書の交換が再現され、その後二十六日には明治神宮球場で記念試合が行われている。


 かように歴史を刻んだ早慶戦の起源が綱町グラウンドであったわけだが、第一回の早慶ラグビー戦も大正十一年十一月二十三日、綱町グラウンドで開催されている。明治三十九年の野球戦以来の早慶両校のスポーツ交流禁止は、このラグビー早慶戦によって再開された。


 綱町グラウンドが日本のスポーツ史に残る場所であることは間違いない。 (編集部)

line
バックナンバー
 

 

第23回
出願から入学まで


2018年2月号掲載

第22回
世福澤諭吉記念文明塾


2018年1月号掲載

 

第21回
世紀送迎会


2017年12月号掲載

 

第20回
メジャーリーグへの挑戦は三田の地から〜綱町グラウンド〜


2017年11月号掲載

 

第19回
山中資料センター


2017年10月号掲載

 

第18回
三田キャンパスの樹勢調査と屋外整備


2017年8月号掲載

 

第17回
オープンキャンパス


2017年7月号掲載

 

第16回
立科山荘


2017年6月号掲載

 

第15回
慶應稲荷社


2017年5月号掲載

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
s
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.