慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2017年12月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第21──三田評論 2017年12月号

   
 

世紀送迎会

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

世紀送迎会は、慶應義塾の関係者が世紀末最後の日に三田山上に集い、新世紀の到来を祝う会とされる。


第一回は一九〇〇年十二月三十一日午後八時から、約五百人の学生・教職員が集まり、十九世紀文明の反省と新世紀への決意を込めたパフォーマンスが繰り広げられた。福澤先生が「独立自尊迎新世紀」の書を揮毫されたのは有名である。


第二回は百年後の二〇〇〇年十二月三十一日午後三時から、「二十一世紀へのガイダンス」をテーマに、世界に先駆けて新世紀を迎えようと三田山上のすべての時計を実際の時刻よりも六時間進めた「慶應時間」を創出して始まった。鳥居泰彦塾長は「義塾社中あい集まって、私たち自身が歩んできた二十世紀を振り返り、新しい世紀への期待を語り合う場」と述べた。


二〇〇〇年に入り、世紀送迎会の話題があがるようになっていた。鳥居塾長の意向を受け、湯川武常任理事と実行委員会の学生責任者となる天野恵君(総合政策学部三年)のグループ、職員二名が顔をあわせたのは同年七月であった。天野君は前年、SFC秋祭におけるアート展の企画運営により塾長賞を受賞しており、発想力・企画力の中心となった。これに三田祭実行委員長の鈴木隆一君(法学部四年)らが加わり、企画運営の実行能力が一気に高まった。関連部署の若手職員六名も加わり、これをサポートした。


そして迎えた大晦日、実行委員会では約三千人を予測していたが、それをはるかに上回る約一万人が三田山上にあふれ、準備したパンフレットや六時間時刻を進めて準備した記念の腕時計はあっという間になくなった。


中庭のステージでは塾生らによる「二十一世紀への宣言」、東館G-SEC Lab では最新の装置をフル活用した体験企画「Time Browser ─時感─」が行われた。「二十世紀の名授業」では名誉教授が再び教鞭をとり、現役教員は新世紀へのメッセージを携えて教壇に上がった。幼稚舎から高校までの塾生も二十一世紀へのメッセージを込めたさまざまな展示作品により参加した。慶應時間午前零時には、自発的に世紀を乗り越えるという意味で「カウントアップ」を行い、世界で最も早く新世紀を迎えた。


天野君は「子供の頃、二十一世紀は夢と希望にあふれた未来の象徴であった。 本当に二十一世紀が近づくと人びとは夢の話をしなくなった。しかし、新世紀はここにいる私たちが作るものです。二十一世紀を振り返るとき、この会の参加者から歴史を動かした人物が多く輩出すること、義塾の更なる発展を願う」と述べている。


三回目の世紀送迎会を担う人たちが生まれてくるのはまだ先である。我々は彼らの目にどのように映るのであろうか。

(管財部課長 尾崎友博)

 

line
バックナンバー
 

 

第21回
世紀送迎会


2017年12月号掲載

 

第20回
メジャーリーグへの挑戦は三田の地から〜綱町グラウンド〜


2017年11月号掲載

 

第19回
山中資料センター


2017年10月号掲載

 

第18回
三田キャンパスの樹勢調査と屋外整備


2017年8月号掲載

 

第17回
オープンキャンパス


2017年7月号掲載

 

第16回
立科山荘


2017年6月号掲載

 

第15回
慶應稲荷社


2017年5月号掲載

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
s
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.