慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2017年4月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第13──三田評論 2017年4月号

   
 

グローバルラウンジ

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

義塾が一八八一年に海外から二名の留学生を初めて受け入れてから一三〇年以上が経ち、留学生数が約一五〇〇名となった二〇一五年十月。三田キャンパスに「グローバルラウンジ」が開設された。

 

中庭に面したこのスペースは、南校舎が二〇一一年に建替え竣工した時から「国際交流スペース」として存在していたが、オープンスペースであったため、あまり有効活用されていなかった。これを、透明のパーティションで独立した空間に改修し、国際交流のための各種イベント等を開催できるようになった。

 

グローバルラウンジにはいくつかの役割がある。まずは、義塾の交換留学協定校の情報が閲覧できる資料室的な役割。

 

各大学のパンフレットの他、先輩たちの留学報告書を読むこともできる。次に、留学や、留学のための奨学金に関する小規模な説明会の開催、交換留学経験者が留学アドバイザーとして塾生の留学相談に応じるなどの、塾生の留学を促す場としての役割。協定校からの訪問者が説明会を行うこともある。

 

三つめがもっとも重要であるが、留学生と塾生が日常的に交流できるサロン的役割である。二〇一四年秋学期から、国際センターでは塾生と留学生の交流のために「慶應ともだちプログラム」を開始した。これは海外の大学でも留学生支援としてよく行われているバディ・プログラムである。学期ごとに、塾生二名程度と留学生三名程度を一つのグループとし、両者が「ともだち」になることを主眼としている。このともだちプログラムの活動場所の一つがグローバルラウンジである。昼休みに「日本語で話そう」「英語で話そう」などのイベントを開催したり、時には福笑いやカルタなど日本の伝統的な遊びを体験することもある。

 

留学生支援団体の一つである国際センター塾生機構(通称KOSMIC)もグローバルラウンジを活動拠点に、ともだちプログラムのサポートや、留学生向けサークル相談会などを実施している。

 

日吉キャンパスには、二〇〇九年第四校舎独立館竣工時から「コミュニケーション・ラウンジ」が開設され、こちらでも多文化交流を促進するイベントが多数実施されている。毎年六月には大規模な留学フェアも開催され、近年は開催四日間で延べ二千名を超える来場者がある。

 

義塾には現在、世界各国から多くの留学生が集うが、塾生との交流の機会は限られている。このグローバルラウンジを中心に、国際交流がより身近で日常的なものとなり、いずれは、特別な場所を設けなくとも、キャンパスのどこででも留学生と塾生が交流する、いわばキャンパスそのものがグローバルラウンジとなるような日が到来するかもしれない。
(学生部国際交流支援グループ課長 上田千尋)

line
バックナンバー
 

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
s
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.