慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2017年7月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第17──三田評論 2017年7月号

   
 

オープンキャンパス

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

夏の大学イベントとして、オープンキャンパスの告知が電車の中吊り広告で目につく季節がやってきた。このようなイベントが行われるようになったのは今から三〇年ほど前のことで、一九八八年に立命館大学が初めてオープンキャンパスという名称を使ったイベントを開催したと言われている。慶應義塾で最初に開催されたのは一九九二(平成四)年のこと。


この時代、夏に大学キャンパスを開放して受験生に来てもらうというイベントはまだ盛んではなかったが、SFCは開設直後の一九九〇年にすでにキャンパスでの説明会を数回開いていた。これを全学部揃ったイベントにし、受験生に慶應義塾を知ってもらうと同時にキャンパスを見てもらおうと考え、教務部と広報室の若手が中心となって他大学の見学に行き、二年かけてようやく企画が通ったのが一九九二年春である。失敗すれば翌年はないという決意のもと、最初の年はまず職員だけでできる企画を立案。八月二十八日、三田キャンパスの旧南校舎全体を使い「大学説明会」と称して実施した。


図書館の見学入館や演説館などの見学も企画し、来場者は千百名を超えたが、実施初年度としては、その当時では飛び抜けた記録であった。


初年度の成功を踏まえ、翌年は教員に各学部の説明を依頼した。ところが当日、台風十一号が関東を直撃。暴風雨で午後には交通機関もストップする悪条件となってしまったにも拘らず九百名を超える参加者が次々と来校した。これを知った鳥居塾長(当時)は急遽自ら会場に赴き、ずぶ濡れの受験生たちに直接声をかけてまわった。


三年目は満を持して日吉でも開催。同日、矢上でも理工学部の説明会を実施して、夏の受験生対象イベントは拡大していく。開催当初は「大学説明会」の名称で実施してきたが、一九九八年、学部の協力を得て初めて模擬講義を組み込み、「オープンキャンパス」へと名称を変更した。


一九九〇年代後半にはオープンキャンパスは一般的となり、高校側も積極的に参加するよう生徒に指導をしたことから、来訪者数は増え続けていく。二〇〇〇年には四キャンパスの合計が初めて一万人を超え、二〇〇八年頃には三田・日吉とも一日の来訪者が一万人を超えてしまい、校舎内の通行もままならないようになってしまった。そこでやむなく二〇一〇年から事前申し込み制に踏み切り、人数制限をして現在に至っている。


また、全学部対象のオープンキャンパス以外にも様々な企画を練って実施しており、中でも二〇一二年からスタートした地方出身者に限定した大学説明会はユニークで、奨学金や学生寮の説明や東京での生活の紹介、相談を重視して、好評を博している。


(編集部)

line
バックナンバー
 

 

第17回
オープンキャンパス


2017年7月号掲載

 

第16回
立科山荘


2017年6月号掲載

 

第15回
慶應稲荷社


2017年5月号掲載

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
s
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.