慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2018年4月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
     
  新 慶應義塾豆百科    
     
 

第25──三田評論 2018年4月号

   
 

慶應義塾大学病院の最寄り駅

 
慶應義塾史跡めぐり
 
   
   
 

 慶應義塾大学病院(以下、慶應病院)はJR中央線・総武緩行線の信濃町駅前にある。もちろんこれが一番のアクセスルートであるが、21世紀になって、新しい最寄り駅ができた。2002年、都営地下鉄大江戸線の開通によりオープンした国立競技場駅である。しかし、この最寄り駅はあまり知られていない。


 国立競技場駅の改札を出て左へ進み、長いエスカレーターを乗り継ぐと地上出入口(A1)に到達する。そこはもう病院のすぐ裏手という近さである。ここには有料駐車場と首都高速四号線の入口がある。その間を抜けるとJRの複々線を跨ぐ歩行者専用の橋があり、それを渡ると病院二号館と三号館の間の道に出る。病院のウェブサイトに記載されている所要時間は徒歩約五分である。


 この有料駐車場内には、不思議な雰囲気の建物がある。ちゃんぽん店の「水明亭」。営業は平日の11時から14時のみ。NHKの人気番組「ブラタモリ」で紹介されて有名になったが、一階部分は昭和初期に明治神宮外苑の休憩所として建てられたもの。戦後、「水明亭」として1962年に創業。慶應病院教職員の食事処としても賑わい、1964年の東京オリンピック時には水泳日本代表が食事をしたというエピソードも残っている。


 JRを跨ぐ歩行者専用の橋も不思議な構造になっている。外苑側は首都高の橋桁に遮られて半分以上が途切れて細くなり、車は通行できない。かなり古い橋であることはすぐにわかるが、いったいこの橋は何のために作られたのだろうか。


 歴史を紐解いてみよう。

 明治時代の日清戦争の際、陸軍は東日本の軍隊を訓練する目的で現在の外苑部分に青山練兵場を作った。中央線の前身である当時の甲武鉄道は、陸軍の依頼もあって新宿から先の都心路線の建設を南側へ寄せて練兵場への輸送も担うことになり、千駄ヶ谷から軍用引きこみ線も作られた。そして慶應病院のある場所には、部隊の駐屯地と兵器・砲弾・弾薬などを扱う倉庫が置かれた。ここから兵隊と物資を輸送するために線路を跨ぐ橋が三本作られ、今も一本だけ残っているのがこの「大番町跨線橋」だったのである。


 明治天皇の崩御後、練兵場は葬場殿となり、その後、明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮が造営された。兵営と弾薬庫の跡地は慶應義塾に払い下げられ、医学部と大学病院が建設されたのである。


 大江戸線の開通は、慶應義塾の教職員にも福音をもたらした。三田と信濃町間の移動は、代々木か秋葉原で乗り換えるか、渋滞に巻き込まれるバスを使うなど、一時間近くかかっていた。それが三田キャンパスの北側に大江戸線の赤羽橋駅が開設され、国立競技場駅との間はわずか九分で結ばれたのである。

(編集部)

 

line
バックナンバー
 

 

第25回
慶應義塾大学病院の最寄り駅


2018年4月号掲載

第24回
園遊会と卒業記念品


2018年3月号掲載

第23回
出願から入学まで


2018年2月号掲載

第22回
福澤諭吉記念文明塾


2018年1月号掲載

 

第21回
世紀送迎会


2017年12月号掲載

 

第20回
メジャーリーグへの挑戦は三田の地から〜綱町グラウンド〜


2017年11月号掲載

 

第19回
山中資料センター


2017年10月号掲載

 

第18回
三田キャンパスの樹勢調査と屋外整備


2017年8月号掲載

 

第17回
オープンキャンパス


2017年7月号掲載

 

第16回
立科山荘


2017年6月号掲載

 

第15回
慶應稲荷社


2017年5月号掲載

 

第14回
グローバルラウンジ


2017年4月号掲載

 

第13回
早慶戦百周年記念碑


2017年3月号掲載

 

第12回
三田の福澤像


2017年2月号掲載

 

第11回
三田キャンパスの時計


2017年1月号掲載

 

第10回
創想館


2016年11月号掲載

 

第9回
日吉陸上競技場


2016年10月号掲載

 

第8回
塾生皆泳


2016年8・9月合併号掲載

 

 

第7回
慶應義塾外国語学校


2016年7月号掲載

 

 

第6回
慶應の水


2016年6月号掲載

 

 

第5回
『三田評論』


2016年5月号掲載

 

 

第4回
命名SFC


2016年4月号掲載

 

 

第3回
グーテンベルク聖書


2016年3月号掲載

 

 

第2回
北館


2016年2月号掲載

 

 

第1回
南校舎と植栽


2016年1月号掲載

 

 
   
   
 
 
 
     
 
TOPへ戻る
 

 

 
s
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.