慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

 
今月の表紙
2018年6月号表紙
space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
バックナンバーのご紹介
2011年10月号
 

No.1149 2011年10月

  特集 激動する中東
2011年10月号の目次を見る
 
毎月1回1日発行
税込価格:451円(本体 410円)
定期購読:4,700円(税・送料込)
在庫あり
在庫について
配送料について
定期購読のお申し込み
 
ご注文方法はこちら
    
 
◆特集

激動する中東

 

昨年末チュニジアから始まった民主化の動きは、本年またたくまに中東各地へと拡がり、続くエジプト、リビアでも政権が打倒されました。フェイスブックをはじめとする新しいコミュニケーションメディアを駆使し、人口の多数派である若者が、どのような意識を持ち、何を成し遂げたかったのか。白熱の座談会と三本の関連記事で深層に迫ります。

 

[座談会] アラブの民主化はどこへ向かうのか
アルモーメン アブドーラ(東海大学国際教育センター講師)
池内 恵(東京大学先端科学技術研究センター准教授)
畑中美樹(一般財団法人国際開発センター研究顧問・塾員)
奥田 敦(慶應義塾大学総合政策学部教授)
富田広士(慶應義塾大学法学部教授)

[関連記事]

 「アラブ新時代」の到来とソーシャルメディア
 
山本達也 (名古屋商科大学コミュニケーション学部准教授・塾員)

 ジハード主義とアラブの春
 
保坂修司(日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究理事・塾員)

 シリアの現在、そして未来
 アフマド・アル=マンスール 
 (慶應義塾大学総合政策学部訪問講師、
  シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター副所長)
  聞き手 奥田 敦(慶應義塾大学総合政策学部教授)

 

 
 慶應義塾維持会
母校を思う塾員と篤志家の皆様により、義塾の教育研究活動を財政支援する目的で設立された一世紀余の歴史を有する組織です。
会員の皆様にはご加入期間『三田評論』を贈呈いたします。
→詳細はこちら
 
慶應義塾史跡めぐり
 

依田勉三(よだべんぞう)は、嘉永六(一八五三)年伊豆国那賀郡大沢(現静岡県賀茂郡松崎町)の豪農の家に生まれ、明治三年に上京、同七年に慶應義塾に
学ぶ。福澤先生の影響を受け、北海道開拓の志を立てるが、胃を病み、二年在学の後、退学し帰郷する。同十二年、兄佐二平は豆陽学校を設立した。勉三も設立に尽力し、そこで教鞭をとっていた……

続きを読む
 
 次号予告
2011年11月号 No.1150

◆特集◆
ユーロ危機の深層

 
 前号紹介
2011年8-9月号 No.1148

◆特集◆
危機管理とエネルギー政策

前号表紙
 
バックナンバー
 
KEIO BOOK CLUB

塾員専用の読書クラブ「KEIO BOOK CLUB」
オープン! 読書に嬉しい特典を揃えましたので
慶應義塾大学卒業生は、ぜひご登録ください。
運営:慶應義塾大学出版会

<慶應義塾主催 学術シンポジウム「震災後の東日本の復興・再生に向けて」>
「震災後の東日本の復興・再生に向けて」の開催(慶應義塾塾長室)
主催者代表挨拶(清家 篤)

〈第一部 講演〉
災害危機管理――新しいメディアの視点から(村井 純)
エネルギーの視点から震災復興を考える
   ――徒歩十五分で避難可能な多重安全構造の街(佐藤春樹)
震災復興への医療的支援――こころのケアを中心に(三村 將)
農業分野の復興を目指して――次世代農業への取組み(神成淳司)

〈第二部 震災後の日本再生に向けて〉
特別ゲスト(五百旗頭 真)
総括コメント(竹中平蔵)

〈パネルディスカッション〉
総合司会 国分良成

 

◆その他の企画
<話題の人
サラウンドを追い求めて
   
冨田 勲さん  冨田 勲さん
 (作曲家・塾員)
 
 インタビュアー
 小森昭宏(作曲家、医師・塾員)
   
作曲家、サラウンドの第一人者として半世紀以上にわたり数々の名作を生み出してきた冨田勲さん。今年6月にリメイク版をリリースした『惑星 ULTIMATE EDITION』について、そして誰もが耳にしたことのある「あの」名曲の誕生秘話、また優れた音楽家を輩出する慶應義塾の気風についても、気さくにお話しいただきました。
   
<三人閑談>
藤山一郎生誕百年
 市川たい子(藤山一郎長女・塾員)
 浅野加寿子(N H K放送博物館館長、塾員)
 池井 優 (慶應義塾大学名誉教授、塾員)

 
「丘を越えて」や「長崎の鐘」などの名唱で日本歌謡史に残る足跡を残した藤山一郎さんは、普通部時代「若き血」の歌唱指導をはじめ、「躍る太陽」「三色旗の下に」などの塾応援歌の作曲者としても義塾社中には忘れられない存在です。生誕百年を迎えた本年、ご長女の市川たい子さんを交えて、藤山さんのお人柄が沁み渡る閑談です。
space 
<連載>
 KEIO MONO MUSEUM30  
  仙波均平「マンドリンのある静物」 解説 藤城清治 
 現代に生きる福澤諭吉のことば その61
大久保忠宗
加藤三明
 

<その他>
 丘の上
岩田 健、大原真理子、高橋 巖、宮崎 剛
 演説館
中空麻奈
 塾員クロスロード

平岩国泰、寺川奈津美

 Researcher's Eye

丹沢安治、近森高明、千葉知宏

 執筆ノート

『京都花街 ファッションの美と心』
/相原恭子
『フィンランドで見つけた「学びのデザイン」』
/大橋香奈(共著)
『経済学 わが道』
/福岡正夫

 社中交歓(みのり)

本井英、久松達央、立入正之、速水浩平

<追想>
 飯田鼎先生追想――研究の自由と責任のあり方を学ぶ  小松隆二
<慶應義塾による「東北地方太平洋沖地震義援金」へのご協力の御礼>
   
 
 

 
TOPへ戻る
 
     
     
   
読者の皆様へご案内します。

慶應義塾幼稚舎の体験した戦争の記録


慶應義塾幼稚舎疎開学園の記録 上
慶應義塾幼稚舎疎開学園の記録 上
慶應義塾幼稚舎「疎開学園の記録」編集委員会 編

慶應義塾幼稚舎の体験した戦争の記録。幼稚舎に残る史料を再構成して上下2巻にまとめる。

 

「善を行うに勇なれ」


回想 慶應義塾 鳥居 泰彦 著
伝記 小泉信三
神吉 創二 著

塾長として戦時の慶應義塾を守り、戦後は文筆家として日本の幅広い層に影響与え、今上天皇の皇太子時代の御教育常時参与として世に知られる小泉信三。その生涯を、平易な文体で描いた待望の伝記。

詳細はこちら
 

元幼稚舎長にして
稀代の教育者
吉田小五郎が綴る
珠玉の随筆選


回想 慶應義塾 鳥居 泰彦 著
吉田小五郎随筆選
(全3巻+別冊)
吉田 小五郎 著

 元慶應義塾幼稚舎長吉田小五郎の名随筆を新編集で3巻に収める。多くの教え子に慕われた教育者として、日本を代表するキリシタン史研究者として、「民藝運動」に関わった美術品蒐集家として、培った観察眼とその描写は、時代を超えて読む者を惹きつける。没後30年を期に刊行!

詳細はこちら
 

元慶應義塾長が紐解く
歴代塾長の足跡


回想 慶應義塾 鳥居 泰彦 著
回想 慶應義塾
鳥居 泰彦 著

世紀の転換期に慶應義塾長を務め、その後も文部科学省中央教育審議会の初代会長を務めるなど、教育行政に長年関わってきた鳥居泰彦氏による慶應義塾の歴史叙述!

詳細はこちら
 

「三田評論」連載の「慶應義塾 史跡めぐり」が、
福澤先生の史跡をまとめて1冊の本になりました!

 

福澤諭吉 歴史散歩 加藤 三明 著 山内 慶太 著 大澤 輝嘉 著
福澤諭吉 歴史散歩
加藤三明 著
山内慶太 著
大澤輝嘉 著

『福翁自伝』に沿いながら、中津・大阪・東京・ロンドン・パリなどの福澤先生ゆかりの地を辿り、彼が生きた時代の背景を知ることができる一冊。

詳細はこちら
 

あの、名講義・名講演が
いまCDで甦る!


小泉信三「福澤諭吉を語る」 小泉 信三 講演
小泉信三「福澤諭吉を語る」
小泉 信三 講演より

昭和33年〜40年の「福澤先生と近代日本」「福澤諭吉と北里柴三郎」「私の読書歴」「スポーツが与える三つの宝」の小泉信三の4つの講演を3巻組のCDに収録。その声を初めて聞く方にも最適な小泉信三入門。

詳細はこちら
 
CDシリーズ 慶應義塾の名講義・名講演として、西脇順三郎「最終講義」も発売中です。
詳細はこちら
     
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.