慶應カレンダー表紙

【表紙】歌川広重(隷書版)『東海道五十三次』大津 大判錦絵
弘化4(1847)年〜嘉永5(1852)年 丸屋清次郎刊(慶應義塾所蔵)

 

慶應カレンダー2020

彩り美しい和・洋の貴重書を12カ月にあしらった壁掛けカレンダー(A3判)です。それぞれの貴重書の解説のほか、義塾の主な記念日やキャンパスも紹介しています。三田会の記念品や贈り物に。
 
 
慶應カレンダー制作のコンセプト
     

KEIO CALENDARは2000年度版が最初です。1996年のグーテンベルク聖書の購入をきっかけに慶應義塾所蔵の文献のデジタル化へ向けてのプロジェクト研究が始まり、その流れの中で、カレンダーというかたちでの情報発信がスタートしたのです。

初期の頃は西洋関係のものが多く採用されていましたが、近年はむしろ日本のものが中心で、浮世絵や絵入り版本、奈良絵本・絵巻等が多く登場します。暦ですので、なるべく季節感のあるものを選び、また、慶應義塾キャンパスの地域性も考慮して選択しています。

お手許に置き、伝統ある慶應義塾を実感しつつ鑑賞し、実用に供されるとともに、簡単な解説や英訳が付いておりますので、三田会や留学生へのプレゼントなど、国内外へのちょっとした手みやげ品としてお使いいただければと存じます。

 
監修の関場武先生
 
初版年月日: 2019/11/10

  

※カレンダーは代金引換にては購入できません。また、送料も書籍の料金体系とは異なります。
詳しくはこちら→送料について

 

定価: 1,000 円(消費税込)
  ★慶應カードで購入の場合 5%割引となります。
 

 →「慶應カード」についてはこちら:慶應学術事業会

在庫: 在庫あり
カレンダーの詳細はこちら

 
 
2020年カレンダーの構成です。
 
     
慶應カレンダー  
   
【表紙】歌川広重(隷書版)『東海道五十三次』大津 大判錦絵 弘化4(1847)年〜嘉永5(1852)年 丸屋清次郎刊(慶應義塾所蔵)  
     
1月号 慶應カレンダー
7月号 慶應カレンダー
 
     
1月
『絵源氏』6巻欠巻5 巻子装5軸 〔江戸前期〕写(慶應義塾図書館所蔵)
7月
『十二月節』下巻〔盂蘭盆会〕 〔江戸時代後期〕写絵巻1軸 (慶應義塾大学文学部古文書室所蔵)
 
 
2月号 慶應カレンダー
8月号 慶應カレンダー
 
     

2月
歌川広重『〈東都名所〉芝赤羽根之雪』 天保14(1843)年〜弘化4(1847)年刊 大判錦絵1枚 (慶應義塾所蔵)

8月
時禱書 8月の暦(パリ、1450年頃) 羊皮紙零葉
(慶應義塾図書館所蔵)
 
 
3月号 慶應カレンダー
9月号 慶應カレンダー
 
     
3月
(應好・一曜斎)(二代)歌川國輝『東京築地馬車繁榮 ホテル館勝景圖』 明治3(1870)年10月山本平吉刊 大判錦絵三枚続3枚 (慶應義塾図書館所蔵 ボン錦絵コレクション)
9月
『海外異聞』(封面・副題:「一名亜墨利加新話」) 嘉永7(1854)年12月刊 大本5巻存3巻3冊(慶應義塾図書館所蔵)
 
 
4月号 慶應カレンダー
10月号 慶應カレンダー
 
     
4月
『三十六人歌合・中古三十六人歌合・新三十六人歌合』綴葉装1帖 〔江戸前期〕写(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫蔵)
10月
『阿弥陀の本地』 〔江戸前期〕写 奈良絵本 横本3冊
(慶應義塾図書館所蔵)
 
 
5月号 慶應カレンダー
11月号 慶應カレンダー
 
     
5月
鈴木春信『〈風俗〉四季哥仙・五月雨』 〔明和5(1768)年〕刊 中判錦絵1枚(慶應義塾所蔵)
11月
『庶物類纂』大本474冊 文化9(1812)年〜文政元(1818)年写(慶應義塾図書館所蔵)
 
 
6月号 慶應カレンダー
12月号 慶應カレンダー
 
     
6月
前北斎為一筆『冨嶽三十六景・甲州三嶌越』 〔天保2(1831)〕年 永壽堂西村屋與八刊 横大判錦絵1枚(慶應義塾所蔵)
12月
アウグスティヌス『ヨハネによる福音書講解説教』(イタリア、13世紀中期) 羊皮紙零葉(慶應義塾図書館所蔵)
 
 
     

【KEIO CALENDAR 2020】の中から

●2020年版のうち1、2を紹介しますと、まず、表紙に採用した広重の東海道五十三次の隷書版・大津ということになります。名物の餅を売る走井の茶屋と荷物を満載した3台の牛車を描く五十三次全体としては人気の保永堂版ではなく、隷書版のそれを採ったのは、もう1つの名物「大津絵」を制作・販売している街道筋の店の様が、よく描かれているからです。代表作「鬼の念仏」の看板の下がる店先で、土産にと購入する旅人と優しそうな若おかみ、陳列されている絵を見て品定めをしている男、興奮して何やら指差して言っている男の子がいます。


そして、道行く旅人や大きな俵物を背負って往く運び屋さんを挟み、店の反対側には、酒に酔ったか、揉め事を起こしている男がおり、まあまあとなだめに入る人々の姿が活写され、それを、墨染め衣をまとい勧進僧の姿をした鬼が看板の中からじっと見つめ、右下では荷車を引く牛が、びっくりしたように眼を大きく見開いて見ています。実にうまい構図です。

 

後ろ表紙に回した「東海道名所図会」巻1のそれは、制作・直売の様がより一層細かく描かれており、江戸市中のきらびやかな絵草紙屋と違って、質素で鄙びた感じがよく出ています。広重はこれを参考に作画しているのです。

 

 

●もう1つは……となると、2月、三田キャンパスに近い赤羽橋の雪の景、春信の何となく意味深な5月、抱きついて大木の大きさを測ろうとしている人たちと雄大な富士を対比させた前北斎『冨嶽三十六景・甲州三嶌越』の6月等、どれを取り上げるべきか判断に迷います。

カレンダーの画像をご覧になって、それぞれの物語をお楽しみ下さい。  

 (監修者:関場 武 慶應義塾大学名誉教授)

 

*なお、2019年版10月「題林愚抄」の説明に「近世出来の」とありますが、「中世出来の」の誤りです。お詫びして訂正します。 


 

慶應カレンダー
表紙

 

慶應カレンダー
後ろ表紙

 

慶應カレンダー
2月

 

慶應カレンダー
5月

 

慶應カレンダー
6月

 

 

     
 
 

おすすめ書籍

 
 
慶應義塾 歴史散歩
全国編
福澤諭吉 歴史散歩 

加藤 三明 編著
山内 慶太 編著
大澤 輝嘉 編著

「慶應ゆかりの史跡、
全部集めました!!」
あなたの住む町にも意外な人物の“ゆかりの地”が!?
全国200カ所以上をめぐる、歴史散歩の旅

詳細はこちら

 
福澤諭吉 歴史散歩
福澤諭吉 歴史散歩 

加藤三明、山内慶太、大澤輝嘉 著

故郷・中津からアメリカ、ヨーロッパまで!
読んで知る、歩いて辿る
「福澤諭吉ガイドブック」

詳細はこちら

 
小泉信三エッセイ選 1
善を行うに勇なれ
新編 池田彌三郎の学問とその後 

小泉 信三 著
山内 慶太 編
神吉 創二 編
都倉 武之 編
松永 浩気 編

歿後50年。
「勇気ある自由人」小泉信三の言葉を再び。

今上天皇の御教育係、戦時の慶應義塾長であった小泉の、日本のモラル・バックボーンとなる数多のエッセイを厳選。「当代の文章家」による、21世紀の今もなお心に響く六十余編

詳細はこちら

 

ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.