慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2018年2月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->KEIO PHOTO REPORT  
  KEIO PHOTO REPORT  
 
  File:2018/2月号  
  第183回福澤先生誕生記念会  
       
 

1月10日、第183回福澤先生誕生記念会が三田キャンパス西校舎ホールにて開催された。満員の会場では、「福澤諭吉ここに在り」「日本の誇」の合唱に続き、長谷山塾長からの年頭挨拶があった。その後、有山輝雄元東京経済大学教授が「国際ニュース報道と『時事新報』」と題して記念講演を行った。

三田評論 2018年2月号掲載

撮影 石戸 晋

 

三田評論

 
         
 

記念講演の後、福澤家を代表して福澤武君が挨拶に立ち、引き続いて「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」表彰が行われた。式典終了後は、学生食堂ホールにて「新年名刺交換会」が行われ、和やかな雰囲気の中、新年の挨拶が交わされた。

三田評論 2018年2月号掲載

撮影 石戸 晋

 

三田評論

三田評論

 
 
       
  BPAが日吉キャンパスを視察
 
       
 

1月12日、英国パラリンピック委員会(BPA)の一行が、2020年東京大会で英国代表が事前キャンプを張る予定の日吉キャンパスを訪問した。今回は1964年東京大会車いす陸上で英国最初の金メダルを獲得したキャズ・ウォルトン氏も同行し、トレーニング施設や滞在施設を視察した。

 

三田評論 2018年2月号掲載

撮影 井上 悟

 

 

三田評論

 
         
 
図書館旧館改修工事の進捗
 
       
 

図書館旧館の改修工事は開始から1年が経過し、順調に進捗している。現在、免震レトロフィット工法による建物下の掘削が進み、建物が地面から切り離され、地下に大きな空間ができている状況である。これから免震層を構築していくとともに、本格的な補修作業を実施していく。

 

三田評論 2018年2月号掲載

 

 

 

 

三田評論

 
         
  塾生が箱根駅伝を力走
 
       
 

1月2日-3日、第94回東京箱根間往復大学駅伝競走が行われ、競走部の根岸祐太君(経3)が関東学生連合チームの一員として復路8区に出走した。塾生の出走は12 年ぶり。根岸君は沿道に集まった競走部OB や近隣の三田会など多数の塾員・塾生の大声援を受けて、懸命の力走をみせた。

 

三田評論 2018年2月号掲載

撮影 竹松明季

 

 

 

三田評論

 
         
  小田急電鉄・神奈川中央交通と連携協力協定
 
       
 

12月18日、三田キャンパスにて「小田急電鉄株式会社および神奈川中央交通株式会社と慶應義塾との連携協力に関する協定締結式」が行われた。今回の締結により、小田急電鉄株式会社および神奈川中央交通株式会社と慶應義塾は、バスの自動運転技術など最先端技術に関わる研究や地域の活性化、人材育成や教育活動などに関して、相互に協力して取り組んでいく予定。

 

三田評論 2018年2月号掲載

撮影 井上 悟

 

 

 

三田評論

 
         
 
TOPへ戻る
 

 

 
 
 
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.