慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2017年10月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->KEIO PHOTO REPORT  
  KEIO PHOTO REPORT  
 
  File:2017/10月号  
  9月学位授与式・卒業式・入学式  
       
 

九月十四日、平成二十九年度の九月大学院学位授与式が三田キャンパス西校舎ホールで挙行され、二二六名(博士学位七四名、修士学位一五二名)に学位が授与された。同日、九月大学卒業式も行われ、二七一名(法学部一二九名、理工学部一二名、総合政策学部六七名、環境情報学部六三名)の塾生が卒業した。翌十五日には平成二十九年度の九月入学式が学部・大学院合同で挙行された。

三田評論 2017年10月号掲載

撮影 石戸 晋、井上 悟

 

三田評論

 
         
  三田、矢上でオープンキャンパス開催
 
       
 

八月六日、三田キャンパスにて「オープンキャンパス〜学部入門〜」(全学部対象)および「地方出身者のための説明会」が、また八月五日に矢上キャンパスにて「理工学部オープンキャンパス」が開催された。当日は学部説明会、在学生によるパネルディスカッション、見学ツアーなどさまざまな催しが行われ、三田には約一万名、矢上には一、八六二名の高校生・受験生とその保護者が来場した。

 

三田評論 2017年10月号掲載

撮影 竹松明季、石戸 晋

 

三田評論

 
 
  SFC未来構想キャンプ2017
 
       
 

8月2日〜 3日、高校生を対象とした未来構想キャンプがSFC にて開催された。全国から集まった136名の高校生が6 つのワークショップに分かれ、担当教員やSFC生と共にディスカッションや作品制作に取り組んだ。滞在型ワークショップでは、滞在施設であるSBC滞在棟1 に宿泊し、夜を徹して制作に取り組み、動物さながらの「アニマシー(生物らしさ)」を備えたロボットを完成させた。


三田評論 2017年10月号掲載

撮影 石戸 晋、井上 悟

 

三田評論

 
         
  夏の体育会練習風景
 
       
 

日吉キャンパスの蝮谷には多くの体育施設があり、慶應義塾体育会のさまざまな部が日々練習に励んでいる。この夏も各部は暑さの中、精一杯練習に取り組んでいた。

 

三田評論 2017年10月号掲載

撮影 井上 悟、竹松明季

 

 

三田評論

 
         
 
全早慶野球戦 in 熊本
 
       
 

8月5日、藤崎台県営球場(熊本市)にて「熊本復興応援 全早慶野球戦 熊本大会」が行われた。昨年開催予定だったが、熊本地震の影響で延期となっていたもので、当日は地元の両校卒業生やファンなど多数が球場に詰めかけ、盛んに声援を送っていた。
現役選手とOB選手が一堂に会して戦った試合は、14対3で全慶應義塾大学が勝利を収めた。

 

三田評論 2017年10月号掲載

 

 

 

三田評論

 
         
  大学通信教育課程夏期スクーリング
 
       
 

八月七日から二十六日まで、通信教育課程夏期スクーリングが行われた。日吉キャンパスのT期・U期、三田キャンパスのV期にて構成され、各期約一、九〇〇名の学生が体育や実験を含むスクーリングに参加した。
期間中、キャンパスは全国から集まった学生で賑わい、休み時間には幅広い世代の学生たちが勉強したり談笑したりする姿が見られた。

 

三田評論 2017年10月号掲載

撮影 井上 悟ほか

 

 

 

三田評論

 
         
 
TOPへ戻る
 

 

 
 
 
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.