News
ニュース


Page 1 : 1-20/Total 108 123456
【新刊案内】 2017/11/13
鑑賞に「なるほど!」を。歴史を知って視点を変える、日本美術の新体験。
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/10/27
『折口信夫の晩年』(昭和44年、中央公論社刊)の復刊企画。昭和22年から28年9月の逝去まで、折口信夫7年間の鮮烈な日常。
[トップ,芸術・文学]
【受賞報告】 2017/10/04
『ジャン=ジョゼフ・スュラン―― 一七世紀フランス神秘主義の光芒』現前の体験を超え、赤裸な信仰へ。これまでの神秘主義理解を刷新する力作!
[トップ,人文書,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/09/14
文化遺産はいかに守られてきたのか。
[トップ,人文書,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/09/14
農民音楽からモダニズムへ
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/07/14
戦後日本の前衛芸術「舞踏」はどのように受容され、発展したのか?
[トップ,人文書,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/07/03
近年発見された新資料4点!
[トップ,人文書,芸術・文学]
【イベント】 2017/06/12
2017年6月30日18時から(開場17:30)、東京大学駒場キャンパス 駒場コミュニケーション・プラザ北館2F 多目的教室4で開催!
[トップ,人文書,芸術・文学]
【特集・連載】 2017/06/03
「刊行にあたって」、「本コレクションの特色」、「もう一人の井筒俊彦――英文著作をめぐって」(安藤礼二)ほか
[トップ,人文書,芸術・文学]
【お知らせ】 2017/05/02
『芸術の言語』刊行記念フェア「グッドマン・リターンズ」は、訳者の松永伸司氏を始めとして、5人の専門家に選書/解説にご協力いただき、開催の運びとなりました。
5つのテーマで切り取る、色鮮やかなグッドマンの世界。その世界観をぜひ店頭で体感してください!
[トップ,人文書,芸術・文学]
【特集・連載】 2017/05/01
知覚の哲学は現代哲学でかなり注目を集めている領域であり、ここ数年はこのテーマの著作が国内外で毎年3、4冊は出版されている。もちろん論文単位ではもっとずっと多い。哲学研究でこれほどハイペースに成果が発表される話題はそうそうないだろう・・・・・・
[トップ,人文書,芸術・文学]
【書評紹介】 2017/04/11
美学と科学の距離を縮める試み・・・評者は椹木野衣氏(美術批評家・多摩美術大学教授)です。
[トップ,人文書,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/04/05
二人の文芸批評家の現場に寄り添い続けた著者が、歴史と文化の粋を窮めたその作品と人間に迫る
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/04/04
豊かな口承文芸を誇るロシアの「歌物語」を語る文学読み物。ロシアの大地に生まれた英雄叙事詩『ブィリーナ』や歴史歌謡、道化歌などの代表作を紹介する。
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2017/02/21
芸術を〈記号システム〉として解読する
[トップ,人文書,芸術・文学]
【新刊案内】 2016/11/09
道化となり交わり、狂者となり駆け回る!―― よみがえる土方巽
[トップ,芸術・文学]
【特集・連載】 2016/10/31
細江英公の傑作が新たによみがえる――
立ち読み:『鎌鼬――田代の土方巽』(細江 英公 写真、鎌鼬美術館 編)「鼬の話」土方巽、鎌鼬美術館名誉館長 細江英公氏による序文を公開しました。
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2016/10/14
昭和のダンディズム、なまなましい生理の結晶と澄みわたる文体の魅力
[トップ,芸術・文学]
【特集・連載】 2016/10/07
どんなに硬派を気取っても、文学にたずさわる者は皆、ロマンチストです。ダメ人間です。ロマンチックな心は、断念から生まれます。広くは政治活動の挫折から、狭くは恋愛の失敗から、つまり無力感が人を文学的にするのです。おそらく「近代」という時代が、人類史上、個々人の知的活動量の最大化したピークでした・・・
[トップ,芸術・文学]
【新刊案内】 2016/10/05
日本文学史を読みかえる、俊英による革命的な文学論。
[トップ,芸術・文学]
Page 1 : 1-20/Total 108 123456

他ジャンル

ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.