Detail
 
蒋介石の戦時外交と戦後構想――1941−1971年

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/496頁
初版年月日:2021/03/30
ISBN:978-4-7664-2730-1
(4-7664-2730-0)
Cコード:C3031
定価 7,480円(本体 6,800円)

蒋介石の戦時外交と戦後構想――1941−1971年
書評 目次 著者略歴

<戦後国際秩序への関与と反帝国主義の相剋>

失地回復、不平等条約の撤廃、アジア諸民族の独立を掲げつつ、
米英ソに依存し、国連構想および戦後日本との和解を模索した蔣介石。
「日記」など一次資料を駆使し、未完に終わった「革命」の軌跡をたどる。

書評

『週刊読書人』 2021年7月16日号に書評が掲載されました。評者は羽根次郎氏(明治大学政治経済学部准教授)です。
日本経済新聞 2021年5月15日(33面)「読書面」に短評が掲載されました。本文はこちら(※有料会員限定記事です)

目次

序 章  革命と戦争の世紀における蔣介石

 第一部 戦時外交と戦後構想
第一章 太平洋戦争勃発以前の外交戦略

第二章 一九四二年のインド訪問――中華思想、反帝国主義、アジア意識の吐露

第三章 太平洋戦争前期における戦後構想―― 一九四一― 一九四三年

第四章 国連の成立と国際的地位の向上――ダンバートン・オークスからサンフランシスコへ

 第二部 戦後処理と日中、米中関係
第五章 戦後初期の対日講和構想(一)――対日講和条約審議委員会
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

段 瑞聡(だん ずいそう)
慶應義塾大学商学部教授。1967年生まれ。
中国・内蒙古大学外国語学部卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。
専門分野:中国政治史、戦後日中関係、蔣介石研究。
主要業績:
 『蔣介石と新生活運動』(単著、慶應義塾大学出版会、2006年)
 『改訂版 岐路に立つ日中関係』(共編著、晃洋書房、2012年)
 『新版 5分野から読み解く現代中国』(共著、晃洋書房, 2016年)
 『〈日中戦争〉 とは何だったのか』(共著、ミネルヴァ書房、2017年)、ほか。

定価7,480円 (本体:6,800円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.