News
ニュース


Page 1 : 1-20/Total 529 123456789
【お知らせ】 2024/05/13
移民と、移民がもたらす文化が与える影響は何か、経済にとって本当にプラスなのか? 移民文化の多様性、習慣、政治文化などがもたらす変化とは?――世界史的なスケールの視野で計量分析された諸研究を整理・紹介。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/19
移民と、移民がもたらす文化が与える影響は何か、経済にとって本当にプラスなのか? 移民文化の多様性、習慣、政治文化などがもたらす変化とは? 世界史的なスケールの視野で計量分析された諸研究を整理・紹介。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/19
司法関係者のほとんどが無理だとしてきた従来の状況を打破し、警察、検察、刑務所、保護観察所といった刑事司法機関が犯罪者による被害者への賠償に向け為しうる方策について提案する。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/17
診療や医師の「質」の問題、統計・エビデンスの扱いの問題、医療情報の開示、国民の健康に対する理解度など、国際比較を交え斬新な切り口から検討する、新しい医療経済論。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/03
VUCA時代を生き抜くためのERM・保険戦略、その理論と実践。
リスクマネジャー、損害保険会社、保険ブローカーなどの多彩な視点から日本企業のリスクマネジメントの実態と課題を整理し、キャプティブやパラメトリック保険などの最新事例を紹介。ERMとその一環としての保険戦略を提言する。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/03
法秩序の重層構造と動態的法形成。
この分析視角と問題意識を深化させ、
財産の集合的把握」という新たな現代的課題に挑む第2巻。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/04/03
それって仕訳はどうなるの?
「これを述べなければ複式簿記の構造を説明しえない」という内容に絞り込み、丁寧に仕訳をたどりながら解説。簿記・会計の初学者に最適の入門テキスト。
[トップ,法・経・ビジネス]
【受賞報告】 2024/03/25
輸入は〈脅威〉になりうるか? 中国等からの輸入の影響はどれくらいあるのか。製造業の雇用や賃金へのインパクトを詳細なデータに基づき分析し「負」の影響を緩和する政策を検討する。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/03/22
著者が長年追求してきた企業のサステナビリティに関する議論を整理しつつ、国・地域・企業・個人のレベルに分け、インタビューを通して実践事例も交えながら、その具体的な道筋を論じる。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/03/22
歴史は繰り返すのか――。
ポピュリズムは民主主義をどのように崩壊させていくのか。また衰退した民主主義はどうすれば再生できるのか。現代の難問を解く上で、歴史からのヒントを与える注目作。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/03/13
中国政治を貫く連続性とはなにか。
中華人民共和国は、中華民国からどのような面を継承し、またどんな面を継承しなかったのか。現在の中国という国の統治や制度のありかたを考えるのに重要な示唆をあたえる注目作。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/02/16
古典的名著からテーマ別の重要書まで123冊をとりあげ、背景・概要とその現代的位置づけを明らかにする。第一線の専門家たちによる、国際安全保障を理解するための入り口となるブックガイド!!
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/01/23
日本は、「難民鎖国」なのか。
日本は、難民政策をとりながら、いかにして出入国管理における国家主権を維持してきたのか。
「庇護希望者」に、いかに救いの手を差し伸べるか。戦後日本の出入国管理政策の政策形成プロセスの検証から明らかにする。
[トップ,人文書,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/01/23
保証を中心とする人的担保。その論点の全て!
連帯保証、共同保証、根保証はもちろん、併存的債務引受、独立損害担保、経営指導念書についても言及。
保証を中心とした人的担保をめぐる論点のすべてを扱う解説書。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2024/01/12
なぜ日本は、科学技術の進歩を社会の豊かさにつなげられないのか?
トランス・サイエンス時代における科学技術イノベーション政策のための科学を求めて
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2023/12/07
「大いなる過熱」の後に何が起きるか
コロナ禍を機に急激なインフレが世界を襲った。第一の原因は、先進各国の大規模な財政政策だ。第二の原因は、インフレを一時的と誤認し、サプライチェーンの寸断など供給ショックに怯えた中央銀行が利上げに出遅れたことだ。今や米国の高金利が誘発する超円安は、供給能力の低くなった日本のインフレを助長し、同時に財政インフレリスクも忍び寄る。局面打開に何が必要か。著名エコノミストが理論・歴史・政治・国際的視点から金融経済の行方を読み解く得心の一書!
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2023/12/07
「為替」の壁を乗り越えられるか
2022年からの歴史的な円安進行によって、円の実質実効為替レートは1970年代前半と同等の水準にまで低下したといわれる。
果たして円はどれほどパワーを失っているのか。かつて最強の貿易立国と謳われた栄光は取り戻せるか。大幅な為替変動に直面する日本企業にとって、円建て貿易の促進は処方箋となり得るのか。最新の企業調査に基づく著者オリジナルの経済分析によって、今日のわが国と円の「真の姿」をわかりやすく説明。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2023/11/17
これからの安全保障を考えるための、好評のテキスト第2版。
欧米の政治思想や国際政治理論をベースに、
ウクライナ情勢や東アジアの国際環境の変化、
日本の安保3文書改定などををはじめ、大幅に加筆修正した増補改訂版。
[トップ,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2023/11/10
・よりよいパフォーマンスをあげるためのチームワーク、リーダーシップのありかたとは何か?
・メンバーとリーダーの役割や相互作用、コミュニケーションについて、社会心理学にもとづいて考える一冊。
[トップ,人文書,法・経・ビジネス]
【新刊案内】 2023/11/10
常態化した「非伝統的」手段はどこに向かうのか
1998年の日銀法改正以来、日本の金融政策は「非伝統的金融政策」の導入と、黒田日銀総裁の指揮下での大胆な「異次元緩和」政策という二回の大きな変革を経験した。この間、FRBをはじめ主要国中銀がともに政策の枠組みを大転換させ、共通の新しい課題を抱える中、2023年に着任した植田和男新総裁はどのような舵取りで「出口」を模索するのか。本書はこれまでの経緯と今後の行方を理論・実証両面から分析する、金融市場関係者必読の一冊。
[トップ,法・経・ビジネス]
Page 1 : 1-20/Total 529 123456789

他ジャンル

ページトップへ
Copyright (C)2004-2024 Keio University Press Inc. All rights reserved.