Detail
 
終わりなき暴力とエスニック紛争

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/204頁
初版年月日:2021/04/30
ISBN:978-4-7664-2746-2
(4-7664-2746-7)
Cコード:C3031
定価 5,500円(本体 5,000円)

終わりなき暴力とエスニック紛争
インド北東部の国内避難民
目次 著者略歴

なぜ紛争は長期化し、暴力は再発するのか?
▼冷戦終結後、世界各地で民族対立による紛争が長期化し、解決が難航しているのはなぜか。
▼「南アジアのバルカン」とも言われるインド北東部は、複雑な民族構成に起因する紛争が多発し、政治的合意が得られたあとも多くの住民が避難を余儀なくされている。
インド政府により取材が制限されるなか、避難民や運動指導者らに行った聞き取り調査をもとに、「なぜ暴力が終わらないのか」という現代の難問に挑んだ一冊。

目次

略語表

序 章 ポスト紛争期の暴力と人間の安全保障

第1章 紛争・ポスト紛争期の暴力と紛争解決としての連邦制

第2章 インド北東部におけるエスニック紛争と「うわべだけの連邦制」

第3章 ボドランド運動とポスト紛争期の暴力

第4章 1990年代暴動と国内避難の長期化――ボドランドにおける地方専制者の出現

第5章 暴力の再発とエスニックな専制政治

終 章――紛争と暴力の長期化を終わらせるために


 参考文献
 初出一覧
 あとがき
 索 引

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

木村 真希子(きむら まきこ)
津田塾大学学芸学部多文化・国際協力学科教授、明治学院大学国際平和研究所客員所員。
慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、インドJawaharlal Nehru University, School of Social Sciences, Centre for the Studies of Social Systems, Ph.D.
専門領域:国際社会学、南アジア地域研究、エスニシティ/ナショナリズム研究
主要業績:The Nellie Massacre of 1983: Agency of Rioters (SAGE Publications India Ptv Ltd, 2013)、『市民の外交――先住民族と歩んだ30年』(共編著、法政大学出版局、2013年)、『先住民からみる現代世界――わたしたちの〈あたりまえ〉に挑む』(共編著、昭和堂、2018年)、「インド・アッサム州における人の移動と人権保障――全国市民登録簿(NRC)更新問題を中心に」(『平和研究』第53号:1-16、2019年)、ほか。

定価5,500円 (本体:5,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.