Detail
 
なぜ、インテリジェンスは必要なのか

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/384頁
初版年月日:2021/06/25
ISBN:978-4-7664-2752-3
(4-7664-2752-1)
Cコード:C0031
定価 2,970円(本体 2,700円)

本書と関連する書籍をご紹介します
インテリジェンス入門[第2版] 詳細を見る
テロリズムとは何か 詳細を見る
なぜ、インテリジェンスは必要なのか
書評 目次 著者略歴

▼インテリジェンスに理論はあるのか? 実態はどうなっているのか?
▼なぜ我々はインテリジェンスを知る必要があるのか?
▼外交、安全保障等の問題を的確に把握するためのリテラシーを身につけ、 「インテリジェンス」の理論と実践的な問題のすべてを解き明かす。

安全保障政策を判断するうえでは、我々にも必須となる「インテリジェンス」。
インテリジェンスとはそもそも何なのか? 
多くの方々に向けて、国家のインテリジェンス機能に関する理解を少しでも深めてもらうことを目的として執筆された教養書!



『週刊新潮』 2021年6月3日号(p.88〜p.92)「佐藤優の頂上対決
 我々はどう生き残るか・インテリジェンスと権利自由を両立させる」で、
著者と佐藤優氏との対談が掲載されました。



書評

『毎日新聞』 2021年7月17日「今週の本棚」(11面)に書評が掲載されました。評者は佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)です。本文はこちら(※有料記事です)
『週刊ダイヤモンド』 2021年6月26日号「Book Reviews」(p.94)に書評が掲載されました。評者は佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)です。

目次

はしがき/凡 例

第1章 なぜインテリジェンスを知る必要があるのか
 1 そもそも「インテリジェンス理論」とは何か
 2 外交、安全保障等の実務家にとっての意義
 3 実務家以外の人々にとっての意義
 Column 米国の大学等におけるインテリジェンス研究、教育

第2章 インテリジェンスとは何か――定義はない!?
 1 本書におけるインテリジェンスの定義
 2 インテリジェンスの機能
 3 インテリジェンス部門と政策判断者はどのような責任を負 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

小林 良樹(こばやし よしき)
明治大学公共政策大学院(専門職大学院)ガバナンス研究科 特任教授。
早稲田大学博士(学術)、ジョージワシントン大学修士(MIPP)。香港大学修士(MIPA)。トロント大学修士(MBA)。
1964年東京都生まれ。1987年、東京大学法学部卒業後に警察庁入庁。警察庁警備局外事第一課課長補佐、在香港日本国総領事館領事、在米国日本国大使館参事官、警察庁国際組織犯罪対策官、慶應義塾大学総合政策学部教授、高知県警本部長等を歴任。2016年3月からは内閣情報調査室の内閣情報分析官(国際テロ担当)として、テロ情勢分析に従事。2019年3月、内閣官房審議官(内閣情報調査室・内閣情報分析官)を最後に退官。同年4月より現職。
専門はインテリジェンス、テロリズム、社会安全政策等。
主要著書に『テロリズムとは何か―〈恐怖〉を読み解くリテラシー』(慶應義塾大学出版会、2020)、『犯罪学入門―ガバナンス・社会安全政策のアプローチ』(慶應義塾大学出版会、2019)、“Assessing Reform of the Japanese Intelligence Community,” International Journal of Intelligence and Counterintelligence, 28(4), August 2015, pp. 717-733、『インテリジェンスの基礎理論(第2版)』(立花書房、2014)等多数。

定価2,970円 (本体:2,700円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Amazon Kindle
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
  • honto
  • 楽天kobo
  • yodobashi.com
  • iBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.