Detail
 
インドネシアの農村工業

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/504頁
初版年月日:2015/11/30
ISBN:978-4-7664-2259-7
(4-7664-2259-7)
Cコード:C3033
定価 9,288円(本体 8,600円)

インドネシアの農村工業
ある鍛冶村落の記録
書評 目次 著者略歴

▼「平等」と「成長」のはざまで

インドネシア・中部ジャワの一農村における鍛冶業は、なぜ生き延びてきたのか。
経済統計と民族史データからその構造を精緻に分析し、1970年代以降除々に「貧困」を脱していく村の姿を丹念に描く。
オバマ米大統領の母親である経済人類学者が遺した、14年にわたるフィールドワークの成果。

書評

信濃毎日新聞 2016年8月23日文化面(13面)にて「長野市出身・前山さん翻訳」とのことで、ご紹介いただきました。

目次

序文(マイヤ・ストロ・イン)
編者まえがき(アリス・G・デューイ/ナンシー・I・クーパー)
編者からの謝辞

謝辞

第一章 序論

第二章 金属加工工業の社会経済組織

第三章 カジャール ―― ジョクジャカルタの鍛冶村落

第四章 関連のマクロデータ

第五章 政府による介入

第六章 結論と開発論上の含意

 付録 この研究に関連して筆者が携わった他のプロジェクト
 参考文献
 解説(ロバート・W・ヘフナー)

 訳者あとがき(前山つよし)
  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
アン・ダナム(Stanley Ann Dunham)
経済人類学者。1942年生まれ。ハワイ大学マノア校にて博士号取得(人類学)。USAID、世界銀行、インドネシア国民銀行などで農村開発・マイクロファイナンス・女性福祉事業に携わる。アメリカ合衆国第44代バラク・オバマの実母。1995年死去。

【監訳者】
加納啓良(かのう・ひろよし)
東京大学名誉教授
1948年生まれ。東京大学経済学部卒業後、アジア経済研究所を経て、2012年まで東京大学東洋文化研究所教授。経済学博士。専門はインドネシアを中心とした東南アジア社会経済史。

【訳者】
前山つよし(まえやま・つよし)
株式会社マヤインド・プラス取締役
1967年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、信濃毎日新聞社、NNA(エヌ・エヌ・エー)インドネシア社、時事通信インドネシア社を経て、現在インドネシアでのビジネス支援、コンサルティング等を行う。ガジャマダ大学文化学科修士課程在籍。

定価9,288円 (本体:8,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.