Detail
 
旧ソ連地域と紛争
A5判/上製/380頁
初版年月日:2005/09/30
ISBN:978-4-7664-1192-8
(4-7664-1192-7)
Cコード:C3031
定価 4,620円(本体 4,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
トルコ民族の世界史 詳細を見る
東アジアのロシア 詳細を見る
現代ロシア政治入門 詳細を見る
旧ソ連地域と紛争
石油・民族・テロをめぐる地政学
書評 目次 著者略歴

ソ連解体により独立を果たした旧ソ連構成一五共和国、とりわけコーカサス諸国は数多の民族紛争を抱え、またカスピ海の天然資源や地政学的位置の重要性ゆえに、ロシアおよび欧米諸国がその影響力を保持しようと当地の紛争、政治・経済に深く関与するため、その混乱の度合いは厳しいものとなっている。本書では、旧ソ連地域の国際関係・内政問題の文脈を押えつつ、特にコーカサス/アゼルバイジャンの事例に沿って、「紛争予防」や「人間の安全保障」といった平和構築への取り組みを検証する。

書評

読売新聞 2021年9月19日(11面・文化面)「本よみうり堂・始まりの1冊」で、著者ならびに本書が紹介されました。本文はこちら(※読者会員限定記事です)
図書新聞 2006年7月15日発行 第2782号で紹介されました。
ロシア東欧貿易調査月報 2005年12月号「ドーム・クニーギ 注目の新刊をチェック(113頁)」で紹介されました。

目次

 序文
第1章 九・一一事件後のコーカサス
    --テロと紛争をめぐるグローバル・ガバナンス
 第1節 テロと紛争
 第2節 テロとグローバル・ガバナンス
第3節 テロ後のロシアの対コーカサス外交
第2章 旧ソ連地域の攻防
    --揺れる国際関係と石油をめぐる攻防
第1節 CISにおけるコーカサスの位置と安全保障
第2節 CIS内のサブ・リージョナル・グループ1:GUUAM
第3節 CIS内のサブ・リージョナル・ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

東京外国語大学大学院地域文化研究科専任講師
1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業(1995年)後、
東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(1997年)ならびに同博士課程単位取得退学(2001年)。その間、国際連合大学秋野フェローとしてアゼルバイジャンに留学(2000-2001年)。日本学術振興会特別研究員【PD】(2001-2002年)、慶應義塾大学総合政策学部専任講師(2002-2005年)を経て、2005年より現職。
専門は国際政治、コーカサス地域研究、紛争研究、等。

定価4,620円 (本体:4,200円)
品切・重版未定
【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Kinoppy
  • Knowledge Worker
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.