Contents
目次
旧ソ連地域と紛争
A5判/上製/380頁
初版年月日:2005/09/30
ISBN:
978-4-7664-1192-8
 
(4-7664-1192-7)
Cコード:C3031
税込価格:4,620円
旧ソ連地域と紛争
石油・民族・テロをめぐる地政学

目次

 序文
第1章 九・一一事件後のコーカサス
    --テロと紛争をめぐるグローバル・ガバナンス
 第1節 テロと紛争
 第2節 テロとグローバル・ガバナンス
第3節 テロ後のロシアの対コーカサス外交
第2章 旧ソ連地域の攻防
    --揺れる国際関係と石油をめぐる攻防
第1節 CISにおけるコーカサスの位置と安全保障
第2節 CIS内のサブ・リージョナル・グループ1:GUUAM
第3節 CIS内のサブ・リージョナル・グループ2:コーカサス4
第4節 カスピ海とエネルギーポリティクス
第3章 民族紛争と民主化
--ナゴルノ・カラバフ紛争とアゼルバイジャンの権威主義体制
第1節 ナゴルノ・カラバフ紛争の政治的考察--紛争激化の要因と冷戦終結の影響
第2節 紛争の政治的利用--ホジャル事件からの一考察
第3節 ナゴルノ・カラバフ和平と民族共存の展望
第4節 アゼルバイジャンの権威主義の成立と変容
終章 アゼルバイジャンは「革命」のドミノを回避できるか
   --旧ソ連地域の平和構築に向けて
 第1節 「革命」のドミノ?
 第2節 イルハム・アリエフの政治
 第3節 アゼルバイジャンで民主革命は起こるか
 第4節 おわりに――旧ソ連地域の今後の展望
  あとがき
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.