Detail
 
日本のキャリア形成と労使関係

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/400頁
初版年月日:2021/12/25
ISBN:978-4-7664-2790-5
(4-7664-2790-4)
Cコード:C3033
定価 6,600円(本体 6,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー 詳細を見る
日本のキャリア形成と労使関係
調査の労働経済学
目次 著者略歴

◆ 日本的雇用システムの原理を聞き取る ◆

働き方の多様化に伴い、労使の関係性についてもさらに進んだ分析が必要とされている。
今世紀に入って大きく変貌したわが国の雇用システムについて、深い聞き取りと質問紙調査によって新たな労使関係のルールと制度を検証し、その上で既存の理論体系の更新、調査方法の改良、分析範囲の拡張を目指す画期的研究。
▼伝統的で地道な分析手法の復権。新たな労使関係のルールと制度を、聞き取りと質問紙調査によって精緻に検証する。
▼日本型雇用システムの実態把握を大きく進展させる意欲的研究。

今日の日本では働き方改革が叫ばれて久しいが、これは主に家族や地域の変化に応じて働き方を変えなければならないという、労働者側の視点から雇用システムを検討した議論といえよう。一方で、企業や労使関係側からの改革案が議論される機会は少ない。雇用する側や労使関係の視点からさらに多くの意見が出され、日本型雇用システムの「現在地」が明らかにされる必要がある。
この「現在地」に最も肉薄する手法が、実地での聞き取り調査と質問紙調査という、一見アナログで地道な手法だ。数字や統計からでは見えてこない真の実態を、理論体系の上にエビデンスとして補強し、より真の姿に近づくことこそが求められている。伝統的だが、ここしばらく途切れている手法を復権させる、働き方の実像に迫る力作。

目次

序 章 問題、方法、意味

 第T部 競争力の源泉としての技能
第1章 職場を構想する力――機械製造工場の事例
第2章 「探求」を促す組織と人事――粉体機器の製品開発

 第U部 キャリア・マネジメントの諸相
第3章 職能別キャリア管理と長期選抜――同期入社の人事データ分析
第4章 非正規化と人材育成の変容――大学職員の事例
第5章 適正な仕事配分――メンタル不調者の復帰の事例

 第V部 労働者の発言のゆくえ
第6章 問題探索のための協議――労使協議制の運営
第7章  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

梅崎 修(うめざき おさむ)
1970年生まれ。2000年、大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士、大阪大学)。専攻:労働経済学、労働史、人的資源管理論。政策研究大学院大学C.O.E.オーラル・政策研究プロジェクト・研究員、法政大学キャリアデザイン学部専任講師、准教授を経て15年より同大同学部教授。2013〜14年、The London School of Economics and Political Science訪問研究員。2019〜20年、立教大学大学院経済学研究科訪問研究員。2012〜20年、中央大学企業研究所・客員研究員、2016〜現在、慶應義塾大学産業研究所・共同研究員。

主な業績
 『人事の統計分析―人事マイクロデータを用いた人材マネジメントの検証』共編著、ミネルヴァ
 書房、2013年
 『教育効果の実証―キャリア形成における有効性』共編著、日本評論社、2013年
 『学生と企業のマッチング―データに基づく探索』共編著、法政大学出版局、2019年
 『日産・ルノーアライアンス オーラルヒストリー―グローバル提携時代の雇用・労使関係』共編
 集、慶應義塾大学出版会、2021年
 ほか多数。

定価6,600円 (本体:6,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.