Detail
 
言葉はいかに人を欺くか

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/306頁
初版年月日:2021/04/30
ISBN:978-4-7664-2745-5
(4-7664-2745-9)
Cコード:C0036
定価 3,520円(本体 3,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
言語と呪術 詳細を見る
言葉はいかに人を欺くか
嘘、ミスリード、犬笛を読み解く
書評 目次 著者略歴

▼隠されたメッセージを暴け!
▼ポスト・トゥルースの時代、巧妙に人を操る言葉を気鋭の言語哲学者がユーモラスに解明する。
▼國分功一郎氏推薦――「ジェニファー・ソールは言葉の政治的効果に名を与えるための新しい理論的道具を我々にもたらしてくれた」

嘘をつくことと、ミスリードして意図的に誤解させることには、倫理的にどんな違いがあるのだろうか。
日常会話から政治における嘘や欺瞞、人種差別の発話まで、多くの事例を読み解き、言葉による印象・感情操作のメカニズムを明らかにする。
海外メディアで話題となった「犬笛」戦術を分析した論文も収録。政治家や差別主義者が、“暗示的に” バイアスや偏見をあおる巧妙な仕組みを詳らかにする。

國分功一郎氏による推薦文全文
――無数の仮定を立てて言葉を論じる言語理論でも、社会情勢を直接に批判するラディカルな政治哲学でもない。統計やジャーナリズムでもなければ、社会的無意識を扱う応用精神分析でもない。ジェニファー・ソールは言葉を唯物論的な次元で捉えつつ、その政治的効果に名を与えるための新しい理論的道具を我々にもたらしてくれた。

書評

日本経済新聞 2021年6月26日(30面)「読書面」 に書評が掲載されました。評者は山本貴光氏(ゲーム作家)です。本文はこちら(※会員限定記事です)
『Fragrance Journal』 2021.6(p.129)で、本書が紹介されました。

目次

序 文

第1章 嘘をつくとはどういうことか
 1 「言うこと saying」とは何か
 2 嘘をつく人は「言われていること」が誤りだと信じていないといけないのか
 3 「言われていること」は誤りでなければならないのか
 4 欺く意図は何か、それをどう表現するか
 5 欺く意図を定義に組み込むことに反対の立場
 6 「保証 warrant」を定義に加える
 7 最後に残ったやっかいな問題

第2章 「言われていること」をめぐる議論
 1 背景と舞台設定
 2 「言われ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
ジェニファー・M・ソール(Jennifer Mather Saul)
1968年生まれ。カナダのウォータールー大学教授、イギリスのシェフィールド大学哲学科名誉教授、Implicit Bias and Philosophy Research Network所長。専門は言語哲学、フェミニズム哲学、心理学の哲学。2011年Distinguished Woman Philosopher賞を受賞。言語哲学の主要概念でもある「言われていること」の研究から出発し、日常的・政治的発言による人心操作やバイアス、人種差別、性差別の分析に新しい流れを作る。Simple Sentences, Substitution, and Intuitions (Oxford University Press, 2007), Feminism: Issues and Arguments (Oxford University Press, 2003), Implicit Bias and Philosophy (2 Volumes, edited with Michael Brownstein, Oxford University Press, 2016).

【訳者】
小野 純一(Ono Jun’ichi)
自治医科大学医学部哲学研究室講師。専門は哲学・思想史。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)(東京大学)。訳書に井筒俊彦『言語と呪術』(安藤礼二監訳、慶應義塾大学出版会、2018年)がある。

定価3,520円 (本体:3,200円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.