Detail
 
コンヴェンション
四六判/上製/320頁
初版年月日:2021/06/05
ISBN:978-4-7664-2738-7
(4-7664-2738-6)
Cコード:C3033
定価 4,620円(本体 4,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
制度とは何か 詳細を見る
コンヴェンション
哲学的研究
目次 著者略歴

▼20世紀後半を代表する分析哲学者デイヴィド・ルイスの古典的処女作をついに邦訳!
▼人間行為の「調整」はなぜうまくいくのか? その論理的構造に迫る。
▼ゲーム理論、分析哲学、言語学にわたる重要な問題に解決を与える。

20世紀の社会科学、経済学に大きな変革をもたらしたゲーム理論。その中心的な概念である「共有知識」を最初に定式化し、古典となったルイスの『コンヴェンション』。その難解さゆえに「読まれざる名著」であったが、半世紀を経てついに邦訳なる。
社会科学のみならず、哲学、言語学といった人文科学の基礎も、本書抜きに語ることはできない。

目次

序文(W・V・クワイン)

イントロダクション

第1章 コーディネーションとコンヴェンション
 1. コーディネーション問題の実例
 2. コーディネーション問題の分析
 3. コーディネーション問題を解決する
 4. コンヴェンション
 5,コンヴェンションの実例

第2章 コンヴェンションを精緻化する
 1.共通知識
 2. コンヴェンションの知識
 3.コンヴェンションへのオルタナティヴ
 4. コンヴェンションの度 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
デイヴィド・ルイス(David Lewis)
1941年生まれ(2001年没)アメリカの分析哲学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校、のちプリンストン大学で教鞭をとった。言語哲学、論理学、心の哲学などで大きな影響を残した。著書は博士論文である本書の他に『反事実的条件法』(勁草書房、2007年)『世界の複数性について』(名古屋大学出版会、2016年)などがある。

【訳者】
瀧澤 弘和(たきざわ・ひろかず)
中央大学経済学部教授。東京大学経済学研究科博士課程満期退学。著書に『現代経済学――ゲーム理論・行動経済学・制度論』(中公新書、2018年)。訳書にジョセフ・ヒース『ルールに従う』(NTT出版、2013年)フランチェスコ・グァラ『制度とは何か』(慶應義塾大学出版会、2018年)などがある。

定価4,620円 (本体:4,200円)
近刊
【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.