Detail
 
新債権法の論点と解釈 【第2版】

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/592頁
初版年月日:2021/01/30
ISBN:978-4-7664-2714-1
(4-7664-2714-9)
Cコード:C3032
定価 4,180円(本体 3,800円)

新債権法の論点と解釈 【第2版】
書評 目次 著者略歴

▼改正法解説の座右の書。決定版の登場!

新民法の論点は何か? どう解釈すべきか?
必要に応じて内容を調べられる改正法概説書。
改正法を勉強する切実な必要性に迫られている方に向け、
これまでの議論の全てを補充・集約・展開。
平野教授の手による解説・解釈書の決定版!

書評

『会社法務A2Z』 2021年04月号(p.63)「良品10選」で、本書が紹介されました。

目次

第2版はしがき/ 初版はしがき
文献略記/ 表記など/ 改正条文・新旧対照条文

序論 2017年民法(債権法)改正のプロローグ

第1部 民法総則規定の改正
 §1-1 意思無能力規定の導入
 §1-2 法律行為の無効規定の改正
 §1-3 錯誤規定の改正
 §1-4 意思表示のみなし到達規定の導入
 §1-5 代理規定の改正
 §1-6 その他法律行為規定の改正
 §1-7 時効関連規定の改正1―完成猶予・更新など
 §1-8 時効関連規定の改正2―消滅時効の ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

平野 裕之(ひらの ひろゆき)
慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。早稲田大学法学部非常勤講師、日本大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師。
1981年司法試験合格、1982年明治大学法学部卒業、1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了、1984年明治大学法学部助手、1987年明治大学法学部専任講師、1990年明治大学法学部助教授、1995年明治大学法学部教授を経て現職。
著書に、『新・考える民法I―民法総則』『新・考える民法II―物権・担保物権』『新・考える民法III―債権総論』『新・考える民法IV―債権各論』(慶應義塾大学出版会、2018-2020年)、『民法総則』『物権法』『担保物権法』『債権総論』『債権各論I 契約法』『債権各論II 事務管理・不当利得・不法行為』(日本評論社、2016-2019年)、『コア・テキスト民法I民法総則〔第2版〕』『同II物権法〔第2版〕』『同III担保物権法』『同IV債権総論〔第2版〕』『同V契約法〔第2版〕』『同VI事務管理・不当利得・不法行為〔第2版〕』(新世社、2017-2019年)、『民法総合3担保物権法〔第2版〕』『同5契約法』『同6不法行為法〔第3版〕』(信山社、2008-2013年)、『製造物責任の理論と法解釈』(信山社、1990年)、『保証人保護の判例総合解説〔第2版〕』(信山社、2005年)、『間接被害者の判例総合解説』(信山社、2005年)ほか多数。

定価4,180円 (本体:3,800円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.