Detail
 
リベラルなイスラーム

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/288頁
初版年月日:2021/01/25
ISBN:978-4-7664-2713-4
(4-7664-2713-0)
Cコード:C0014
定価 2,200円(本体 2,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
クルアーン 詳細を見る
リベラルなイスラーム
自分らしくある宗教講義
書評 目次 著者略歴

現在進行形のイスラーム

時代が変わり、クルアーンの読み方も変わりつつある。ムスリムとして、一人一人が生きやすい社会をつくろうと奮闘する姿から、その最前線を見る。

なぜ男性が優位な社会なのか?
なぜ過激派はテロを起こすのか?
その根拠は、イスラームの聖典クルアーンにあるとされている。
しかし、新たな解釈を試み、男女平等やテロ抑制に取り組むムスリムたちも出てきている。
本書では、クルアーンという豊かなテクストを「リベラル」な解釈へと開き、変革を期す者たちに着目。
他者を認め、自分らしくあることを目指す「読み」の奥深さと、その実践を見ていく。

書評

佐賀新聞 2021年4月25日(9面)「読書面」に書評が掲載されました。評者は安達智史氏(近畿大学准教授)です。
長崎新聞 2021年4月25日(16面)「読書面」に書評が掲載されました。評者は安達智史氏(近畿大学准教授)です。
徳島新聞 2021年4月18日(11面)「読書面」に書評が掲載されました。評者は安達智史氏(近畿大学准教授)です。

目次

ガイダンス
 1 この講義で話したいこと
 2 イスラーム教徒は危険?
 3 どうしてイスラームがリベラル?
 4 講義の目的と流れ

第1講 どうして聖典が重要なの?――クルアーンの力
 1 クルアーンの影響「力」とは?
 2 新しい解釈がなぜ必要なの?

第2講 クルアーンは戦争を命じている?――聖典の表と裏
 1 カンボジアでのムスリムの「闘い」
 2 宗教・聖典のなかの暴力・戦争
 3 クルアーンではなぜ戦争と平和が説か ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

大川 玲子(おおかわ れいこ)
明治学院大学国際学部教授。イスラーム思想専攻。
ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)修士号取得。
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。
著作に、『クルアーン――神の言葉を誰が聞くのか』(慶應義塾大学出版会、2018年)、『チャムパ王国とイスラーム――カンボジアにおける離散民のアイデンティティ』(平凡社、2017年)、『イスラーム化する世界――グローバリゼーション時代の宗教』(平凡社新書、2013年)などがある。

定価2,200円 (本体:2,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.