Detail
 
現代日本の地方選挙と住民意識
A5判/上製/272頁
初版年月日:2008/01/25
ISBN:978-4-7664-1458-5
(4-7664-1458-6)
Cコード:C3331
定価 3,960円(本体 3,600円)

本書と関連する書籍をご紹介します
日本における有権者意識の動態 詳細を見る
現代日本の地方選挙と住民意識
目次 著者略歴

中央で対立する与野党はなぜ地方選挙で相乗りするのか。与野党相乗りの構図は、首長や有権者の意識にどのような影響を与えたのか。「改革派首長」が登場した背景と現代の地方自治が抱える課題について、選挙研究の視点から考える。

目次

 巻頭言       安西祐一郎
 刊行にあたって   小林良彰
 序 本書の目的

第1章 選挙戦略・候補者選考と相乗り選挙
 はじめに
 T 「公職追求者」「利益追求者」と選挙戦略
 U 政党の候補者選考からみた相乗り選挙の枠組みの特殊性
 V まとめ

第2章 首長の経歴と選挙枠組み−−オイルショック以降にみられるその傾向
 はじめに
 T 市長の経歴
 U 首長選挙における政党の選挙支援枠組み
 V まとめ

第3章 相乗 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

河村和徳(かわむら かずのり)
東北大学大学院情報科学研究科准教授。
1998年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学法学部専任講師(有期)、金沢大学法学部助教授を経て、2007年より現職。
主要業績に、『日本における有権者意識の動態』(小林良彰編著、慶應義塾大学出版会、2005年)、『アクセス日本政治論』(平野浩・河野勝編著、日本経済評論社、2003年)、『地方自治の実証分析』(小林良彰編著、慶應義塾大学出版会、1998年)、『日本人の投票行動と政治意識』(小林良彰編著、木鐸社、1997年)ほか。

定価3,960円 (本体:3,600円)
品切・重版未定
【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.