Detail
 
同一性と個体

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/452頁
初版年月日:2021/08/20
ISBN:978-4-7664-2760-8
(4-7664-2760-2)
Cコード:C3010
定価 6,600円(本体 6,000円)
同一性と個体
種別概念に基づく統一理論に向けて
目次 著者略歴

猫のティブルスは、尻尾を失ったとしても「ティブルス」と同一なのだろうか――
哲学において最も基本的かつ重要な概念である「同一性」を統一的な視点から解明する。
ある事物がそれ自体との間で同一であるという関係は、どのようなもので、なぜ成立するのだろうか。形而上学・ 意味論 ・ 認識論の三つの相における 「同一性」の諸問題に取り組み、その統一理論を提唱する野心的試み。

目次

序論

 1 本書のテーマ
 2 本書の目標と意義
 3 五つの留意点
 4 本書の構成とマニフェスト

第1章 予備的考察――種別概念をめぐる諸前提

 1 三つの前提
 2 種別概念小史――アリストテレス・ロック・ストローソン
 3 種別概念の役割――種別的同一性規準の提供
 4 種別的同一性規準のちょっとした敷衍
 5 種別概念の分類――実体的なものと制限的なもの
 6 種別概念の射程――裸の個体の不在
 7 諸前提のベクトル和

第2章 同 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

横路 佳幸(よころ よしゆき)
日本学術振興会特別研究員PD/南山大学社会倫理研究所プロジェクト研究員。
2019年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程を単位取得退学。2020年、同大で博士号(哲学)を取得。専門は哲学、倫理学。主要業績に「非認知主義・不定形性・もつれのほどき ――分厚い語の意味論」(『倫理学年報』66集、2017年、日本倫理学会 2017年度和辻賞受賞)、「三位一体論についての同一性の相対主義者になる方法」(『宗教哲学研究』38号、2021年)など。

定価6,600円 (本体:6,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.