Detail
 
感情の哲学入門講義

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/240頁
初版年月日:2021/01/30
ISBN:978-4-7664-2719-6
(4-7664-2719-X)
Cコード:C0010
定価 2,200円(本体 2,000円)
感情の哲学入門講義
書評 目次 著者略歴

感情と理性は対立する? 
ロボットは感情をもてる? 

「感情」にまつわる疑問に答える、まったくの哲学初心者にむけて書かれた入門書
私たちの生活の中心にある感情。
私たちは日々うれしくなったり悲しくなったりして過ごしています。
誰もがもつこの「感情」とはいったい何なのでしょうか?
本書は身近な「感情」をテーマにした哲学の入門書です。大学でおこなわれた全15回の講義をまとめたものなので、哲学を知らなくても、感情や人間がどういうものか、哲学がどういうものかわかる一冊となっています。

「本書は、感情や哲学に興味をもった人が最初に読む本を目指して書かれたものです。なので、この本を読むために、感情についても、哲学についても、予備知識は一切必要ありません。
 タイトルに「感情の哲学」と入っていますが、哲学だけでなく、心理学や脳神経科学、文化人類学、進化生物学など、さまざまな分野での感情研究も紹介します。つまり、できるだけ多くの観点から感情について考えてみたいと思います。そのため本書は、感情に興味をもつすべての人に向けて書かれています」
(「はじめに」より)

書評

『Oggi』 2021年6月号「働く30歳からのお守りBOOK」に書評が掲載されました。評者は評者は石井千湖氏(書評家)です。
読売新聞 2021年4月25日(10面)「文化面・本よみうり堂」に書評が掲載されました。評者は瀧沢弘和氏(経済学者・中央大教授)です。本文はこちら(※読者会員限定です)
『三田評論』 2021年3月号(No.1253)(p.98)「執筆ノート」で、本書が紹介されました。本文はこちら

目次

はじめに

第1講 ガイダンス
 1 日常のなかの感情
 2 哲学は何をするのか
 3 「感情」という言葉について
 4 各講義の概要

第2講 感情の本質は何か
 1 本質の見つけ方
 2 本質の候補
 3 思考の重要性

第3講 感情と身体
 1 ジェームス=ランゲ説
 2 根拠となる思考実験
 3 身体説の検討

第4講 感情と思考
 1 志向性
 2 身体と思考の組み合わせ
 3 どんな思考が必要なのか
 4 「感情の本質」まとめ

第5講 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

源河 亨(げんか とおる)
2016年、慶應義塾大学にて博士(哲学)を取得。現在は、慶應義塾大学文学部・日本大学芸術学部・立正大学文学部ほか非常勤講師。専門は、心の哲学、美学。
著作に、『知覚と判断の境界線――「知覚の哲学」基本と応用』(慶應義塾大学出版会、2017年)、『悲しい曲の何が悲しいのか――音楽美学と心の哲学』(慶應義塾大学出版会、2019年)。訳書に、ジェシー・プリンツ『はらわたが煮えくりかえる――情動の身体知覚説』(勁草書房、2016年)、セオドア・グレイシック『音楽の哲学入門』(慶應義塾大学出版会、2019年、共訳:木下頌子)など。

定価2,200円 (本体:2,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Knowledge Worker
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.