Detail
 
子育ての経済学

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/426頁
初版年月日:2020/12/25
ISBN:978-4-7664-2711-0
(4-7664-2711-4)
Cコード:C0033
定価 2,640円(本体 2,400円)
子育ての経済学
愛情・お金・育児スタイル
書評 目次 著者略歴

▼本邦初の本格的な「教育の経済学」の基本書。
▼最新研究から、日本や欧米各国の子育て・教育の違いとその理由が明らかに!
▼専門知識がなくても読めるようわかりやすく解説。

この数十年、先進国の子育てが全体的に“過保護” へと変わっていったのはなぜか?
社会のグローバル化や経済格差が原因なのか? 日本でも『「学力」の経済学』等で大注目の「教育の経済学」。そのトップクラスの経済学者が豊富な最新データと精緻な実証分析で真理に迫る。
また、最先端の研究を反映しつつも専門知識がなくても読めるよう、わかりやすく解説。

書評

週刊エコノミスト 2021年3月2日号(p.56)「Book Review」 に書評が掲載されました。評者は井堀利宏氏(政策研究大学院大学特別教授)です。本文はこちら
日本経済新聞 2021年2月20日(29面)「読書面」に書評が掲載されました。本文はこちら(※会員限定記事です)
読売新聞 2021年2月7日(10面)「本よみうり堂」に短評が掲載されました。本文はこちら(※読者会員限定です)

目次

イントロダクション
第1章 育児スタイルと経済学
第2章 ヘリコプター・ペアレントの出現
第3章 世界各国の育児スタイル
第4章 不平等、育児スタイル、子育ての罠
第5章 鞭からニンジンへ――専制型の子育ての終焉
第6章 男子VS女子――ジェンダーの役割の変遷
第7章 出生率と児童労働――大家族から小家族へ
第8章 子育てと階級――英国における貴族階級VS中産階級
第9章 学校制度の組織
第10章 子育ての未来
解説(大垣昌夫)

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
マティアス・ドゥプケ(Matthias Doepke)
ノースウェスタン大学経済学部教授。西ドイツ、ハノーファー出身。2000年にシカゴ大学でPh.D.(経済学)。専門は経済成長論、開発経済学、政治経済学、家族の経済学、人口の経済学。

ファブリツィオ・ジリボッティ(Fabrizio Zilibotti)
イェール大学国際経済学・開発経済学Tuntex教授。イタリア、エミリア・ロマーニャ出身。1994年にLSEでPh.D.(経済学)。専門は開発経済学、マクロ経済学、政治経済学、中国の経済発展。

【訳者】
鹿田 昌美(しかた・まさみ)
翻訳家。国際基督教大学卒。絵本、小説、ビジネス、子育て本など数十冊の翻訳書あり。ドラッカーマン『フランスの子どもは夜泣きをしない』(集英社、2014)、カチロー『いまの科学で「絶対いい!」と言える子育てベスト55』(ダイヤモンド社、2016)、アレキサンダー&サンダール『デンマークの親は子どもを褒めない』(集英社、2017)など。

【解説者】
大垣 昌夫(おおがき・まさお)
慶應義塾大学経済学部教授。シカゴ大学Ph.D.(経済学)。オハイオ州立大学教授などを経て現職。著書に『行動経済学』(共著、有斐閣)など。

定価2,640円 (本体:2,400円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
【電子書籍で購入】
  • Kinoppy
  • Amazon Kindle
  • 楽天kobo
  • honto
  • yodobashi.com
  • iBooks
  • VarsityWave eBooks
  • Knowledge Worker
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.