Detail
 
ジャンセニスム 生成する異端

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/400頁
初版年月日:2020/02/20
ISBN:978-4-7664-2653-3
(4-7664-2653-3)
Cコード:C3010
定価 9,460円(本体 8,600円)
ジャンセニスム 生成する異端
近世フランスにおける宗教と政治
書評 目次 著者略歴



●第37回渋沢・クローデル賞奨励賞を受賞しました。



▼17世紀フランス、王権と教会を震撼させた大宗教論争を描く。

▼宗派対立を超えて、異端の認定をめぐる排除と抵抗の力学を明らかにし、近世フランスにおける共同体と個人の関係を再考する。

▼徹底した文献調査に基づき、もうひとつの歴史を丹念に掘り起こす、革新的な一冊!




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

週刊読書人 2020年5月15日(第3339号)に、書評が掲載されました。評者は塩川徹也氏(東京大学名誉教授)です。本文はこちら

目次

   
   
序論

 第一部 「ジャンセニスム」への視線

第一章 アウグスティヌスをめぐって
 1 恩寵と自由意志
 2 「ジャンセニスムの教理」
 3 批判の論理
 4 不安の拡大
 5 原理主義?
 6 アウグスティヌスの相対化

第二章 政治的イメージの問題
 1 『ジャンセニスムの政治問題』
 2 宗教と政治の混交
 3 ジャンセニスムという「セクト」
 4 想像力の根源へ
 5 聖体会とは何か
 6 ジャンセニスムと聖体会
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

御園 敬介(みその けいすけ)
1975年神奈川県生まれ。一橋大学社会学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。クレルモン=フェラン大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学商学部准教授。著書に Écrire contre le jansénisme. Léonard de Marandé polémiste vulgarisateur (Paris, H. Champion, 2012)。

定価9,460円 (本体:8,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.