Contents
目次
ジャンセニスム 生成する異端
A5判/上製/400頁
初版年月日:2020/02/20
ISBN:
978-4-7664-2653-3
 
(4-7664-2653-3)
Cコード:C3010
税込価格:9,460円
ジャンセニスム 生成する異端
近世フランスにおける宗教と政治

目次

   
   
序論

 第一部 「ジャンセニスム」への視線

第一章 アウグスティヌスをめぐって
 1 恩寵と自由意志
 2 「ジャンセニスムの教理」
 3 批判の論理
 4 不安の拡大
 5 原理主義?
 6 アウグスティヌスの相対化

第二章 政治的イメージの問題
 1 『ジャンセニスムの政治問題』
 2 宗教と政治の混交
 3 ジャンセニスムという「セクト」
 4 想像力の根源へ
 5 聖体会とは何か
 6 ジャンセニスムと聖体会

 第二部 異端を囲い込む

第三章 事実の確定
 1 五命題の断罪
 2 聖職者会議と「事実問題」
 3 フランスとローマのあいだ
 4 小勅書の翻訳と受諾
 5 歴史記述としての反ジャンセニスム
 6 アルノー譴責事件

第四章 信仰宣誓書
 1 小勅書の受諾から信仰の宣誓へ
 2 王権と反ジャンセニスム
 3 ポール=ロワイヤルの修道女たち
 4 司教の抵抗
 5 レギミニス・アポストリキ
 6 「教会の和約」に向けて

 第三部 抵抗と服従

第五章 署名をめぐる論争
 1 抵抗の理論
 2 良心の問題
 3 「恭しい沈黙」
 4 強制の理論
 5 パリ大司教ペレフィクスの教書
 6 事実と不可謬性

第六章 論争と信の観念史
 1 「信仰の行為」から
 2 信仰分析の系譜
 3 聖体論争における方法の問題
 4 権威と検討
 5 ジャンセニスム論争と信の観念史
 6 フェヌロンの不可謬性論

結論

 注
 あとがき
 参考文献
 事項索引
 人名索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.