Detail
 
「移民国家ドイツ」の難民庇護政策

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/264頁
初版年月日:2014/10/25
ISBN:978-4-7664-2166-8
(4-7664-2166-3)
Cコード:C3036
定価 6,600円(本体 6,000円)

「移民国家ドイツ」の難民庇護政策
書評 目次 著者略歴

ドイツにおける難民政策の変遷を分析。

移民国家としての歩を進めることで、ドイツの移民政策・難民保護はどのように変化していったのか? 市民社会の庇護、国家レベルの政策、EUレベルの共通移民政策を検討することで明らかにするとともに、移民の権利保護が拡大する一方で、強化された難民・非正規移民の管理・取り締まりの実態から、新たな包摂と排除を論ずる。

書評

移民政策研究   2016年Vol.8に書評が掲載されました。評者は久保山亮 氏(専修大学兼任講師)です。
外交 雑誌『外交』vol.34(2015年11月号)に書評(p. 142〜145)が掲載されました。評者は成蹊大学准教授の板橋拓己氏です
社会学評論 vol. 66 No.2(2015年9月号)の「書評」(66頁)に書評が掲載されました。評者は、佐藤成基氏(法政大学社会学部教授)です。

目次

はじめに

 第Ⅰ部 脱国家化・超国家化と再国家化の間で揺れ動く西欧諸国の移民政策
第1章 人の移動と国民国家の境界
 1 人権保護体制の確立と国家主権の衰退?
 2 研究方法と調査の概要
 3 移民国家と「非移民国家」 ―― 分析概念の整理
 4 ドイツ移民研究への2つの研究アプローチ

第2章 超国家化と再国家化の中での西欧諸国の移民政策
 1 はじめに
 2 移民政策の意図せざる帰結と移民への権利付与
 3 西欧諸国における ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

昔農 英明(せきのう ひであき)
1980年北海道生まれ。2011年慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。専門は国際社会学。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、現在、一橋大学などで非常勤講師。
主要業績として「セキュリティ対策としての移民統合 ―― 2000年代におけるドイツの事例」『社会学評論』65(1)、2014年など。

定価6,600円 (本体:6,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.