Detail
 
東アジアにおける公共性の変容

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/432頁
初版年月日:2010/06/25
ISBN:978-4-7664-1745-6
(4-7664-1745-3)
Cコード:C3036
定価 5,720円(本体 5,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
中国の公共性と国家権力 詳細を見る
現代における人の国際移動 詳細を見る
東アジアにおける公共性の変容
藤田 弘夫 編著
目次 著者略歴

東アジアの伝統的な「公共性」概念の変化。
▼東アジアという世界を中心に、社会秩序の根幹をなす「公共性」という視点から社会文化間の比較研究をおこない、グローバリゼーションのなかで変容を迫られている公共性のあり方を論じる。
▼人口政策、公共輸送、住宅団地、放送制度、下水道、村落合併、観光化などさまざまな切り口から、生活に根ざした「公共性」を検討する。

目次

まえがき    田中重好

第一部 東アジアの公共性の概念の重層と変容
第1章 公共性の比較社会学    藤田弘夫

第2章 「新しい公共性」論へ――実証的社会学からの提案    田中重好

第3章 伝統的家族制度と「公」「私」の観念
     ――中国と日本の社会比較を通じて    王向華

第4章 台湾における市民的公共性の構築を巡る学術と政策の動向
     ――陳其南の「公民社会」論とその政策的実践を手掛かりに    河口充勇

第二部 東ア ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
藤田弘夫(ふじた ひろお)
元慶應義塾大学文学部教授(故人)
1947年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学博士。慶應義塾大学医学部助手、同専任講師、同助教授、同教授を経て、2001年より慶應義塾大学文学部教授。2009年逝去。専攻は都市社会学。

【執筆者】
田中重好(たなか しげよし) 名古屋大学大学院環境学研究科教授
王 向 華(オウ コウカ/WONG Heung Wah) 香港大学外国語・文化学部部長、香港大学日本研究学科副教授
河口充勇(かわぐち みつお) 同志社大学技術・企業・国際競争力研究センター特定任用研究員・助手
櫻井澄夫(さくらい すみお) 文化史研究家(元JCBインターナショナル取締役北京事務所長・元本社企画部長)
若林敬子(わかばやし けいこ) 東京農工大学名誉教授・シニアプロフェッサー
城地 茂(じょうち しげる) 大阪教育大学国際センター教授
劉 伯ウン(リュウ ハクウン/LIU Bowen) 国立高雄第一科技大学准教授
熊田俊郎(くまだ としお) 駿河台大学法学部教授
橋本和孝(はしもと かづたか) 関東学院大学文学部教授
李 光 鎬(イー ゴアンホ/E Gwangho) 慶應義塾大学文学部教授
南 裕子(みなみ ゆうこ) 一橋大学大学院経済学研究科准教授
徐 春 陽(ジョ シュンヨウ/XU Chunyang) 名城大学非常勤講師
熊 遠 報(ユウ エンポウ/XIONG Yuanbao) 早稲田大学理工学術院教授
稲澤 努(いなざわ つとむ) 東北大学大学院環境科学研究科博士課程後期
鈴木正崇(すずき まさたか) 慶應義塾大学文学部教授、同東アジア研究所副所長
佐々木衞(ささき まもる) 神戸大学大学院人文学研究科教授
吉原和男(よしはら かずお) 慶應義塾大学文学部教授
渡戸一郎(わたど いちろう) 明星大学人文学部教授
岡部みどり(おかべ みどり) 上智大学法学部准教授

定価5,720円 (本体:5,200円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.