Detail
 
開拓使と幕臣

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/262頁
初版年月日:2009/04/25
ISBN:978-4-7664-1610-7
(4-7664-1610-4)
Cコード:C3021
定価 5,280円(本体 4,800円)

開拓使と幕臣
幕末・維新期の行政的連続性
目次 著者略歴

日本行政の歴史的転換点を北に探る
▼江戸幕府から明治政府への政権交代が、蝦夷地/北海道の統治にもたらしたものは何か。行政実務に携わった中・下級官僚は、新しい時代に対応することができたのか。文書館に眠る厖大な史料を読み解き、政治過程の解明を重視する従来の研究が見落としてきた視点から、近世・近代移行期における日本行政の人的・機能的連続と変容に迫る力作。

目次

はじめに

第一部 行政機関の機能と運営の実態
 一 蝦夷地統治と箱館奉行所
 二 箱館府による民政
 三 箱館府による外政

第二部 開拓使における旧幕臣登用実態の分析
 四 開拓使における旧幕臣登用の実態
 五 開拓使における箱館奉行所吏員の中継性
 六 箱館戦争と旧幕臣――戦後処理を中心として

おわりに
参考史料・文献
あとがき
索引

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

門松秀樹(かどまつ ひでき)
常磐大学非常勤講師、博士(法学)。
1974年生まれ。2006年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学。
主要業績(いずれも共著)
『日本行政の歴史と理論』芦書房、2004年
『近代日本の政治』法律文化社、2006年
『近代日本の政治意識』慶應義塾大学出版会、2007年
『戦時日本の国民意識―国策グラフ誌『写真週報』とその時代―』慶應義塾大学出版会、2008年

定価5,280円 (本体:4,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.