Detail
 
東京のグランドデザイン
四六判/並製/332頁
初版年月日:2000/01/01
ISBN:978-4-7664-0783-9
(4-7664-0783-0)
Cコード:C1351
定価 2,420円(本体 2,200円)

東京のグランドデザイン
都市経営フォーラム講演録
目次 著者略歴

21世紀の巨大都市・東京に求めらる都市像とはなにか?
明治の文明開化以来、急速な近代化とともに巨大都市に成長してきた東京。その成長過程と街の実態を、世界の様々な都市と対比した豊富なエピソードとともに語り、21世紀の将来像を描く「東京論」。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに

第一章 東京湾地域の再整備について
第二章 日本の都市のこれからの動向
第三章 世紀末の巨大都市・東京
第四章 先進諸国の都市観について
第五章 東京のグランドデザイン試論
第六章 続・東京のグランドデザイン試論
第七章 世紀末的都市空間私論
第八章 都市空間の規制とその緩和について
第九章 都市居住と郊外居住
第十省 二一世紀における都市整備の視点

あとがき
付録:都市経営フォーラム経過一覧

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

伊藤 滋(いとう しげる)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科客員教授、東京大学名誉教授。1931年、東京都生まれ。東京大学農学部林学科、同工学部建築学科卒、同大学院工学系研究科建築学専攻、工学博士。専攻は都市計画。都市防災論、社会病理現象、都市環境などの都市問題を総合的に研究・調査。
著書に『都電型都市空間のすすめ』(彰国社)、『都市と犯罪』(東洋経済新報社)、『提言・都市創造』(晶文社)、『市民参加の都市計画』(早稲田大学出版部)などがある。

都市計画フォーラム
日建建設が主催する公開フォーラム。都市・地域・環境・まちづくりに関する問題や課題を広い視点から考え、理解を深めようとするもの。各界の専門家などを招いてさまざまなテーマについて話題提供や問題提起をしていただき、意見交換、討議をおこなう。1988年1月以来、毎月1回開催しており、参加者は市民から専門家まで多方面にわたる。

定価2,420円 (本体:2,200円)
品切・重版未定
【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.