Detail
 
地域研究と第三世界
B6判/並製/258頁
初版年月日:1989/03/31
ISBN:978-4-7664-0440-1
(4-7664-0440-8)
Cコード:C3030
定価 1,100円(本体 1,000円)
地域研究と第三世界
目次 著者略歴

宇野重昭、中嶋嶺雄、浜下武志(以上中国)、家島彦一(インド洋)、臼田雅之(ベルガル)、米山俊直(アフリカ)、加茂雄三(カリブ海)各氏の講演をまとめ、各地域、各専門分野の研究の歴史と現状を論ずる。

目次

まえがき

中国における郷鎮工業と小城鎮建設問題―江蘇省を中心として― 宇野 重昭
 一、小城鎮研究のはじまり
 二、費孝通の独自性
 三、基層幹部の視点から
 四、調査のはじまり
 五、蘇南モデルとその変化
 六、小城鎮郷鎮工業の重要性
 七、中央と地方
 八、生きている自治の伝統
 九、血縁・地縁・利益の重なりあい
 一〇、確実な事実から地域研究へ

地域研究としての現代中国学  中嶋 嶺雄
 一、地域研究とは何か
 二、日中関係への地域研究的アプローチ
  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

執筆者一覧(掲載順)
宇野 重昭 成蹊大学法学部教授 「東洋政治外交史」専攻
中嶋 嶺雄 東京外国語大学外国語学部教授 「現代中国学」専攻
浜下 武志 東京大学東洋文化研究所教授 「中国近代経済史」専攻
家島 彦一 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授 「イスラム世界商業史」専攻
臼田 雅之 東海大学文学部教授 「インド近代史」専攻
米山 俊直 京都大学教養部教授 「文化人類学」専攻
加茂 雄三 青山学院大学文学部教授 「ラテンアメリカ近現史」専攻

定価1,100円 (本体:1,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.