Detail
 
どうする、小学校英語?

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/360頁
初版年月日:2021/12/25
ISBN:978-4-7664-2788-2
(4-7664-2788-2)
Cコード:C0037
定価 2,420円(本体 2,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
ことばの力を育む 詳細を見る
どうする、小学校英語?
狂騒曲のあとさき
目次 著者略歴

▼公立小学校で英語が導入されて約20年。この間に何が変わり何が変わらなかったのか?
▼必修化をめぐる当時の12本の論考をリーディングズとして再編し、これからの小学校英語の指針を示す。

目次

 まえがき

編者の視点T 小学校英語の本質を掘り下げ、言語教育の未来を拓こう(大津由紀雄)

第1部 言語教育と学校英語教育の観点から

1 小学校英語活動の現在から考える(松川禮子)
  〔付記〕英語は小学校に何をもたらしたか?
  大津のひとこと
2 公立小学校での英語教育――必要性なし、益なし、害あり、よって廃すべし(大津由紀雄)
  〔付記〕公立小学校での英語教育――いまでも、必要性なし、益なし、害あり、よって廃すべし
   亘理のひとこと
3 学 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

※〔 〕内は担当箇所。
【編著者】
大津 由紀雄(おおつ ゆきお) 〔はじめに、編者の視点T、第2章、ひとこと、年表〕
慶應義塾大学名誉教授。関西大学・中京大学客員教授。日本学術会議連携会員。Ph.D.(MIT、1981、言語学)。東京言語研究所運営委員長、日本認知科学会会長、言語科学会会長などを歴任。専門は言語の認知科学および言語教育。言語教育関係の著作として、『日本語からはじめる小学校英語――ことばの力を育むためのマニュアル』(開拓社、2019年、浦谷淳子・齋藤菊枝と共編著)、『学習英文法を見直したい』(研究社、2012年、編著)、『ことばの力を育む』(慶應義塾大学出版会、2008年、窪園晴夫との共編著)など。

亘理 陽一(わたり よういち) 〔編者の視点U、ひとこと〕
中京大学国際学部教授。博士(北海道大学、2008、教育学)。中部地区英語教育学会、外国語教育メディア学会関西支部運営委員を務めた後、現在、一般社団法人ことばの教育理事、日本教育方法学会理事。専門は英語教育学・教育方法学。著作として、『英語教育のエビデンス』(研究社、2021年、共著)、『流行に踊る日本の教育』(東洋館出版社、2021年、共著)、『小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ』(三省堂、2017年、共編著)など。

【執筆者】(※掲載順)
松川 禮子(まつかわ れいこ) 〔第1章〕
岐阜女子大学学長。岐阜大学名誉教授。

山田 雄一郎(やまだ ゆういちろう) 〔第3章〕
元広島修道大学教授。

斎藤 兆史(さいとう よしふみ) 〔第4章〕
東京大学教授。

冨田 祐一(とみた ゆういち) 〔第5章〕
学習院大学文学部教授。

鳥飼 玖美子(とりかい くみこ) 〔第6章〕
立教大学名誉教授。中京大学・昭和女子大学客員教授。日本学術会議連携会員。

山川 智子(やまかわ ともこ) 〔第7章〕
文教大学文学部教授。日本言語政策学会理事。

野山 広(のやま ひろし) 〔第8章〕
国立国語研究所准教授。多文化社会専門職機構代表理事、基礎教育保障学会副会長、異文化間教育学会理事。

菅 正隆(かん まさたか) 〔第9章〕
大阪樟蔭女子大学教授、児童教育学部学部長。

バトラー 後藤 裕子(バトラー ごとう ゆうこ) 〔第10章〕
ペンシルバニア大学教育大学院教育言語学部教授。Teaching English to Speakers of Other Languages(TESOL)プログラム・ディレクター。

直山 木綿子(なおやま ゆうこ) 〔第11章〕
文部科学省初等中等教育局視学官、初等中等教育局教育課程外国語教育推進室教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官・学力調査官。

津田 正(つだ ただし) 〔第12章〕
研究社出版部勤務。

定価2,420円 (本体:2,200円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.