Detail
 
タブローの「物語」

大きな画像を見る

画像をダウンロード
新書判/並製/104頁
初版年月日:2020/10/20
ISBN:978-4-7664-2709-7
(4-7664-2709-2)
Cコード:C0371
定価 770円(本体 700円)
タブローの「物語」
フランス近世絵画史入門
目次 著者略歴

カンヴァスに描かれた「タブロー」はいつどのようにはじまったのか?
▼タブロー(tableau)とは、板あるいは画布に絵の具で描かれた、持ち運び可能のイメージを意味するフランス語で、現在の絵画形式の主流となっている。特定の場所に結びつかない独立性が特徴であり、その独立性を保つために枠(額縁)が用いられる。本書はタブローという観点から近世以降の西洋絵画の歴史を捉えなおし、そこに何が描かれてきたかを論じる。
     
  慶應義塾大学三田哲学会叢書
 
     

 

 

三田哲学会は創立100年を機に、専門的な研究成果を「生きられる知」として伝え、 公共の中に行き渡らせる媒体として本叢書の発刊を企図した。
シリーズ名は、ars incognita アルス インコグニタ。
ラテン語で「未知の技法」を意味する。
単なる知識の獲得ではなく、新たな「生きる技法としての知」を作り出すという精神を表現している。


 

目次

序――「タブロー」の歴史

第一章 タブローの誕生

第二章 一七世紀フランスでの物語画としてのタブローの成立

第三章 物語画としてのタブローの理論化と展開

第四章 タブローの変質――「物語画」の変容

終章 「閉じられた窓」としてのタブローのその後


文献案内

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

望月 典子(もちづき のりこ)
慶應義塾大学文学部教授。専門はフランス近世美術史。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(美学)。著書に『ニコラ・プッサン――絵画的比喩を読む』(慶應義塾大学出版会、2010年)、『イージ制作の場と環境――西洋近世・近代美術史における図像学と美術理論』(近世美術研究会編、共著、中央公論美術出版、2018年)ほか。


定価770円 (本体:700円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.