Detail
 
Learning and Interaction: From Cognitive Theories to Epistemology(英書)

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判変型/上製/1216頁
初版年月日:2021/08/20
ISBN:978-4-7664-2691-5
(4-7664-2691-6)
Cコード:C3011
定価 7,700円(本体 7,000円)
Learning and Interaction: From Cognitive Theories to Epistemology(英書)
目次 著者略歴

学習とインタラクション──認知理論から認識論へ

日本がまだ情報社会の黎明期にあった1970年代の半ばから、自然科学と人文・社会科学の「総合知」を独自の方法で産み出してきた元慶應義塾長が、人間と社会の内的過程の分析をもとに現代社会の抱える基本的課題に迫る。

認識論、認知心理学、社会心理学、発達認知科学、認知神経科学、進化認知科学、コンピュータサイエンス、AI、ロボティクス等の学術分野を横断し、人間の基本的活動としての学習とインタラクションに関する諸研究を解説。

AI をはじめ広く情報科学の方法を用いて著者らが開拓してきた学習とインタラクションの理論を、独自の方法で哲学的認識論に橋渡しし、実在論の立場に立って「プロセス指向構成主義」を提唱。

プロセス指向構成主義のもとで、学習・熟達と因果性認識の関係、信念と知識の連続性、情報共有としてのインタラクション、共感による社会的インタラクション、一人称推論によるインタラクション、内的表象の構造と実在性、2種類のknowledge-how、アプリオリな社会的集合体概念の不要性、自然主義認識論の限界、その他の多様な話題を統一的に議論。

その議論のもとで、「自分の目標(例えば利益最大化)を追求する行為主体」が「真実を求める行為主体」であるための条件、また「社会的インタラクションにおいて真実を共有し得る」ための条件を提示。

18世紀産業革命を背景にアダム・スミスが深く探究した問題を、インターネットとAI が世界を覆う21世紀デジタル革命の時代に問い直す。

目次

Preface
Acknowledgments
 Introduction
References
Note

 Chapter 1 Theory and Models of Learning

1.1 What Is Learning?
1.2 Some Earlier Research on Learning
1.3 The Influence of the S ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者紹介】
安西 祐一郎(あんざい ゆういちろう)
慶應義塾学事顧問・同大学名誉教授、日本学術振興会顧問・学術情報分析センター所長、公益財団法人東京財団政策研究所常務理事・所長。1974年慶應義塾大学大学院工学研究科修了、工学博士。2018年博士(哲学)。カーネギーメロン大学人文社会科学部客員助教授、北海道大学文学部助教授等を経て、1988〜2011年慶應義塾大学理工学部教授。1993〜2001年慶應義塾大学理工学部長、2001〜09年慶應義塾長、2011〜18年独立行政法人日本学術振興会理事長

AUTHOR
Yuichiro ANZAI is Executive Advisor for Academic Affairs and Professor Emeritus, Keio University; Senior Advisor and Director of the Center for Science Information Analysis, the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS); Executive Director and CEO, the Tokyo Foundation for Policy Research; and Chair of the Implementation Council for the AI Strategy organized under the Cabinet of Japan.
Anzai has devoted his academic career to information and cognitive sciences, recently focusing more on social, educational, and philosophical issues emerging in the age of the Digital Revolution.
After graduating from Keio University, Anzai started his career as a post-doc in 1976, afterwards a visiting associate professor in 1981, at Carnegie Mellon University, became an associate professor at Hokkaido University (1985–88), and a professor at Keio University (1988–2011). He also was Dean of the School of Science and Technology (1993–2001) and President (2001–09) of Keio University, Japan’s oldest modern institution of higher learning. He then became President (2011–18) of JSPS, the representative governmental agency for funding all research fields of the humanities and the social and natural sciences.

定価7,700円 (本体:7,000円)
在庫あり

【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.