Detail
 
エイズは終わっていない

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/256頁
初版年月日:2019/02/20
ISBN:978-4-7664-2541-3
(4-7664-2541-3)
Cコード:C0036
定価 2,916円(本体 2,700円)

本書と関連する書籍をご紹介します
ノー・タイム・トゥ・ルーズ 詳細を見る
エイズは終わっていない
科学と政治をつなぐ9つの視点
書評 目次 著者略歴

▼元UNAIDS事務局長による、エイズ終結への道筋を語る講義録。
▼科学と政治は、グローバルな課題であるエイズにどう対処すべきか。

いまも毎日約5,000人がHIV に感染し、約3,000人が死亡しているエイズ。その終結に向けて、科学と政治はどう関わり、どう向き合うべきなのか。流行初期からエイズ問題と対峙してきた、科学者・臨床医・元UNAIDS 事務局長でもある著者が、パリのコレージュ・ド・フランスで行った講義録の邦訳。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

日本経済新聞 2019年5月25日(29面)「読書欄」(短評)に書評が掲載されました。本文はこちら

目次

 日本語版への序文

序 章

第一章 変化し続ける複合的流行
第二章 アフリカ南部の高度地域流行(ハイパーエンデミック)
第三章 国際政治課題としてのエイズ
第四章 国境を越えた新たな市民社会の運動
第五章 治療を受ける権利
第六章 コンビネーション予防
第七章 エイズの経済学
第八章 人権の重要性
第九章 長期的な展望

 訳者あとがき
 索引

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

[著 者]
ピーター・ピオット(Peter Piot)
ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長、元国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長。
1949年ベルギー生まれ。1976年、ヘント大学でM. D. 医学博士、1980年にアントワープ大学でPh.D(微生物学)取得。アントワープ熱帯医学研究所の微生物免疫学教授等を経て、1995年から2008年まで国連合同エイズ計画(UNAIDS)初代事務局長。2010年から現職。常に活動の拠点をアフリカに置き、エボラ出血熱、HIV/エイズをはじめとするアフリカ大陸の感染症に関する研究を行う。またUNAIDS事務局長としてHIVの世界的流行に対する国際的関心を惹起し、地球規模での対策を実現させるうえで中心的役割を担った。2013年、アフリカでの医学研究・医療活動の分野において顕著な功績を挙げた者に贈られる「野口英世アフリカ賞」(第2回)を受賞。著書にNo Time to Lose: A Life in Pursuit of Deadly Viruses. W.W. Norton & Company, 2012(邦訳『ノー・タイム・トゥ・ルーズ――エボラとエイズと国際政治』慶應義塾大学出版会、2015年)ほか。

[訳 者]
宮田 一雄(みやた かずお)
元産経新聞特別記者。

樽井 正義(たるい まさよし)
慶應義塾大学名誉教授。

定価2,916円 (本体:2,700円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.