Detail
 
年金を選択する

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/272頁
初版年月日:2009/05/30
ISBN:978-4-7664-1630-5
(4-7664-1630-9)
Cコード:C3033
定価 3,300円(本体 3,000円)

年金を選択する
参加インセンティブから考える
駒村 康平 編著
書評 目次 著者略歴

 国民が納得する公的年金制度のあり方について、研究者と実務家が共同で提言する。
 @年金財政の持続性、Aライフスタイルへの対応、B適切な給付水準(金額)、という三つの評価基準から現状を客観的に分析し、国民が合意できる制度改革を提示する。
 全労済協会の調査研究活動「参加インセンティブから考える公的年金制度のあり方研究会」の研究成果。

書評

年金と経済 第28巻第2号(通巻110号)「BOOK 読んでみたい一冊」(73頁)で紹介されました。

目次

はじめに

第T部 総論
 第1章 年金制度の評価軸と所得保障政策全体から見た現行年金制度の課題
 第2章 労働市場と年金制度
 第3章 公的年金が目指す世代関係論
      ――リスクを考慮しない静的世代会計論の限界と年金制度における世代間のリスク分担機能の重要性
 第4章 年金制度に関する情報と国民の参加
 第5章 私的年金の新しい役割
 第6章 参加インセンティブを高めるために
 第7章 年金制度改革モデル

第U部 各論
 第1章  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

稲垣誠一(財団法人年金シニアプラン総合研究機構審議役)
駒村康平(慶應義塾大学経済学部教授)
清水信広(独立行政法人農業者年金基金数理・情報技術役)
嵩さやか(東北大学法学部准教授)
中嶋邦夫(ニッセイ基礎研究所副主任研究員)
山田篤裕(慶應義塾大学経済学部准教授)
柳下伸(全労済本部共済開発部部長)
西岡秀昌(全労済協会調査研究部部長)

定価3,300円 (本体:3,000円)
品切・重版未定
【次の書店でも購入可能です。】
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
HMV&Books
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.