ジャーナリストの池上彰、メディア研究者の大石裕らが、これからのジャーナリズムのあるべき姿を考える!『ジャーナリズムは甦るか』(慶應義塾大学出版会)
     
 
   
 

ジャーナリストの池上彰、メディア研究者の大石裕らが、
これからのジャーナリズムのあるべき姿を考える!

 
   
   
 

 本書について

 
 

日本のジャーナリズムは何が問題なのか?
原発報道から歴史認識問題まで、メディア、ジャーナリズムの現状と将来を考える注目の書籍です。

第1部 「朝日新聞(誤報)問題」を中心に、二極化する報道、政治とマスメディアとの距離、「国益」とジャーナリズム、などをめぐる池上・大石氏の対論を掲載。

第2部 憲法学、政治学、マスコミュニケーション学の第一人者による、原発報道、国内政治とジャーナリズム、ITとメディアなどをめぐる討論を通じて、日本のジャーナリズムのあり方の是非とメディアの将来を問う。

  ジャーナリストの池上彰、メディア研究者の大石裕らが、これからのジャーナリズムのあるべき姿を考える!『ジャーナリズムは甦るか』(慶應義塾大学出版会)
 
   
●目次  
 

はじめに

第1部 今、日本のジャーナリズムを考える    池上 彰 × 大石 裕
  「誤報」はなぜ起きるのか? 
  ジャーナリズム論とジャーナリズムの「現場」との乖離
  メディアのフォーラム機能の意義と限界
  拡大する「朝日批判」、「リベラル」派世論の今後
  吉田証言批判の問題性
  ジャーナリズムの国籍
  ジャーナリズム不信とジャーナリスト教育
  ジャーナリストを目指す皆さんへ
   
第2部 ジャーナリズムを見る視角  片山杜秀×駒村圭吾×山腰修三×大石裕
  原発報道とジャーナリズム
  10 歴史問題とジャーナリズム
  11 言論・表現の自由と「国益」
  12 国内政治とジャーナリズム
  13 ジャーナリズムの未来
 
   
 
   
 

 『ジャーナリズムは甦るか』 の内容を一部ご覧ください!

 

  第2部を見る  
 

第1部 今、日本のジャーナリズムを考える

 

 

 

 

(「複数の国益観」より)

大石  今のお話ですと、国益というのはいろいろな見方があっていい、ということですね。今、Aという選択肢を取るのも国益だと思う主張があっていいし、Bを選択するのも国益だという主張があってもいい。それぞれの、特に言論空間、あるいはメディア、世論、政治家たち、官僚たちは、そういう複数の国益観をお互いに認め合うべきであると。けれども現実には、とくに政治の場ですとどこかの時点で決定を下さなくてはならず、その際には国益という言葉がレトリックとして使われる可能性が高まってきますね。
 
池上  わかります。
 
大石  その場合、政治の場で下された決定とは異なる、もう一つの国益観を持っている人たちは、そうした国益観を批判していきますね。その批判の自由が保障されていることが、まずもって大事ということになります。
 
池上  まさにそういうことですね。結局は、国益とは何だったのか。あるいは国益に反したかどうかという報道は、歴史が判断するしかない。ずいぶんたってみてから初めて、歴史の審判が下る。そういう歴史観、問題意識を持って、取材報道に当たるべきだろうと思います。(後略)
 

 

(「ジャーナリズムの国籍」より)

  (前略)
大石  ジャーナリズムには国籍はやはりありますよね。
 
池上  ありますね。
 
大石  戦争報道に限らずに、それぞれの国の支配的な価値観を反映して、メディアが報道し、解説し、論評する。そのときどきに考えられている国益観を取り込みつつ、今、世界で起きている状況についてメディアが報道していく。これを当然のこととしてわれわれは受けとめてよろしいのでしょうか。
 
池上  そこがものすごく難しいところです。(中略)そもそも真実とは何か。私は真実とは、人間は絶対たどり着くことができないものだと思っています。神のみぞ知るのが真実であって、ただしジャーナリストは、そこにあるさまざまな事実をパズルのように組み立てて、記事を真実に少しでも近づけようという努力をします。「これが真実だ」というような言い方は、私は絶対したくない。さまざまな事実をどう組み立てていくかが、ジャーナリストに求められていることだと。
 そのときに、どうしても私たちは国籍から離れられない。それは、私は日本人ですし、日本が大好きですし、日本の言い分を認めてもらいたいという思いが必ずあります。でもその一方で、事実を追求するジャーナリストのプロ精神から言えば、日本の言い分も違うかもしれないというところも含めて、取材あるいは報道していくことが大事なことなんだろうなと思うんですね。
 
以後、本書をご覧ください。
   
   
 
  第2部を見る  
 
   
ジャーナリストの池上彰、メディア研究者の大石裕らが、これからのジャーナリズムのあるべき姿を考える!『ジャーナリズムは甦るか』(慶應義塾大学出版会)
 

ジャーナリズムは甦るか

    
 
    
池上 彰 著、 大石 裕 著
片山 杜秀 著、 駒村 圭吾 著
山腰 修三 著
    
四六判/並製/176頁
初版年月日:2015/03/20
IISBN:978-4-7664-2199-6
本体 1,200円+税
  
詳細を見る
 
 

 

日本のジャーナリズムは何が問題なのか?  原発報道から歴史認識問題まで、メディア、ジャーナリズムの現状と将来を考える注目の書。

 

 

     
     

 

 

 
 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.