Detail
 
中国 改革開放への転換

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/416頁
初版年月日:2011/10/31
ISBN:978-4-7664-1884-2
(4-7664-1884-0)
Cコード:C3031
定価 5,616円(本体 5,200円)

中国 改革開放への転換
「一九七八年」を越えて
加茂 具樹 編著
飯田 将史 編著
神保 謙 編著
目次 著者略歴

文化大革命の後、改革開放の道を歩む中国。
大国となった中国が抱える問題群の起源を、
一九七〇年代末の転換期に求め、「社会」「政治」「経済」「外交・軍事・安全保障」を
軸として多角的に再検討し、現代中国を立体的に分析する論考集。

目次

はじめに

第一部 変化する社会とその原点

第一章 中国における階級概念の変遷―毛沢東から華国鋒へ―   家近亮子
はじめに
一 毛沢東の階級概念
二 毛沢東の死直後の権力概念
おわりに―華国鋒の再評価

第二章 中国農村における組織化の展開―連続性の視点から―   鄭 浩瀾
はじめに
一 農村組織化の連続性
二 農村組織化の展開とその問題点
おわりに

第三章 中国キリスト教の五〇年代と七〇年代―退行≠ニ非退行=@田島英一
はじめに
一 中国共産党にと ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
加茂具樹(かも ともき)
慶應義塾大学総合政策学部准教授兼政策・メディア研究科委員。
1972年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了、博士(政策・メディア)。

飯田将史(いいだ まさふみ)
防衛省防衛研究所主任研究官。
1972年生まれ。スタンフォード大学東アジア論修士、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。

神保謙(じんぼ けん)
慶應義塾大学総合政策学部准教授兼政策・メディア研究科委員。
1974年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了、博士(政策・メディア)。

【各章の著者】

加茂具樹 慶應義塾大学総合政策学部准教授兼政策・メディア研究科委員
家近亮子 敬愛大学国際学部教授
鄭 浩瀾 フェリス女学院大学国際交流学部准教授
田島英一 慶應義塾大学総合政策学部教授兼政策・メディア研究科委員
小山三郎 杏林大学外国語学部教授
王  雪萍 東京大学教養学部講師
嵯峨  隆 静岡県立大学国際関係学部教授
高原明生 東京大学大学院法学政治学研究科教授
磯部  靖 慶應義塾大学法学部准教授
松田康博 東京大学東洋文化研究所准教授
川島  真 東京大学大学院総合文化研究科准教授
駒形哲哉 慶應義塾大学経済学部教授
大島一二 桃山学院大学経済学部教授
安田  淳 慶應義塾大学法学部教授
飯田将史 防衛省防衛研究所主任研究官
神保  謙 慶應義塾大学総合政策学部准教授兼政策・メディア研究科委員
増田雅之 防衛省防衛研究所主任研究官

定価5,616円 (本体:5,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.