Detail
 
蒋介石と南京国民政府
A5判/上製/278頁
初版年月日:2002/03/12
ISBN:978-4-7664-0896-6
(4-7664-0896-9)
Cコード:C3031
定価 5,500円(本体 5,000円)

蒋介石と南京国民政府
目次 著者略歴

近年公開された資料を駆使して、中国国民党が中国共産党に敗北した原因を研究する専門書です。
南京国民政府の正統性を検証し、近代国家の基盤形成と国際社会における地位の向上に果たした歴史的役割を分析・解明します。




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次


第一章 序論

第二章 孫文の北京における死とその政治効果
    ―中国国民党の北方認識及び政策への影響―

第三章 蒋介石の「反共化」構造と「四・一ニクーデター」

第四章 南京国民政府の成立と政党性の確立

第五章 南京国民政府の中央権力機構の変遷と蒋介石

第六章 蒋介石の「安内攘外」期における南京国民政府の国家建設及び外交戦略

第七章 中国国民党における党員と党費問題に関する考察

第八 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

敬愛大学国際学部助教授
1977年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、1992年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。
1998年より現職。法学博士。専攻は中国近現代政治史。

定価5,500円 (本体:5,000円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.