Detail
 
越境
A5判/上製/488頁
初版年月日:2008/12/25
ISBN:978-4-7664-1435-6
(4-7664-1435-7)
Cコード:C3331
定価 4,320円(本体 4,000円)

越境
書評 目次 著者略歴

日本におけるアジア研究の到達点と可能性を示すシリーズ「現代アジア研究」全3巻、同時刊行。
設立50周年を超えた伝統あるアジア政経学会が、総力をあげてその研究成果を世に問う。
アジア研究が隆盛を見せている今、学会員を中心とした気鋭の研究者による総合的実証分析のシリーズ。


▼トランス・ナショナルな視点からアジア地域を横断する事象を分析。
▼グローバリズム、リージョナリズム、ナショナリズムという三つのベクトルが絡み合う中での、カネ・モノ・サービスから価値やアイデンティティまで多岐にわたるアジアの越境現象を明らかにする。
▼地域に拡がるネットワークの現状と発展過程を検証し、それらがコミュニティを形成し得る可能性を東アジア共同体やアジア主義などを題材に考察する。

書評

アジア経済 2009年11月号(85頁)で紹介されました。
外交フォーラム 2009年4月号(94頁)で紹介されました。

目次

序章 アジアの越境――ネットワーク、フレームワークからコミュニティへ……高原明生

第T部 カネ・モノ・サービスの越境
第1章 ポスト通貨危機の東アジア金融と地域協力――新たな課題の登場と取り組み……深川由起子
第2章 東アジアの地域経済協力とFTA――ASEAN域内経済協力の深化と東アジアへの拡大……清水一史
第3章 グローバルな分業ネットワークと台湾企業――PC産業とIC産業……佐藤幸人・川上桃子
第4章 食と農の交流にみる東アジアの相互関係……大島一二

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【監修】
アジア政経学会

【編者】
高原明生(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
田村慶子(北九州市立大学外国語学部教授)
佐藤幸人(アジア経済研究所新領域研究センター研究員)

【執筆者】(目次順)
深川由起子(早稲田大学政治経済学術院教授)
清水一史(九州大学大学院経済学研究院教授)
川上桃子(アジア経済研究所新領域センター研究員)
大島一二(青島農業大学合作社学院教授)
明日香壽川(東北大学東北アジア研究センター教授)
佐藤考一(桜美林大学リベラルアーツ学群教授)
高埜 健(熊本県立大学総合管理学部教授)
河野 毅(政策研究大学院大学政策研究科助教授)
田嶋淳子(法政大学社会学部教授)
澤 宗則(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)
南埜 猛(兵庫教育大学大学院学校教育研究科准教授)
陳 天 璽(国立民族学博物館准教授)
呉 偉明(香港中文大学日本研究学科教授)
青山瑠妙(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
唐  亮(法政大学法学部教授)
川島 真(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
大庭三枝(東京理科大学工学部准教授)

定価4,320円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.