Detail
 
危機の朝鮮半島

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/346頁
初版年月日:2006/12/25
ISBN:978-4-7664-1043-3
(4-7664-1043-2)
Cコード:C3031
定価 3,672円(本体 3,400円)

危機の朝鮮半島
目次 著者略歴

「現代東アジアと日本」シリーズ、ついに完結。
わが国における朝鮮半島政治研究の第一人者、小此木政夫の編集により、日韓の大学、シンクタンク、官庁から参集した執筆陣が、変動いちじるしい朝鮮半島情勢について、最新のミサイル実験に関する事態までをカバーしつつ、朝鮮半島をめぐる危機の実態と展望を明らかにする。

東アジア浮沈の鍵を握る危機の実態と展望。
日本は外交目標をどう定めるべきか? 目まぐるしく変動する朝鮮半島情勢について、示唆に富んだ視野の広い分析を展開する。

目次

巻頭言

総論   小此木政夫 

第1部 危機管理と紛争予防
第1章 「ならず者国家」と条件つき関与政策
 ――米国の対北朝鮮政策を中心に   中山俊宏
 はじめに
 一 関与政策としての米朝枠組み合意
  1 枠組み合意とインセンティブ
  2 関与政策に対する関心の高まり
  3 「一方的関与政策」と「条件つき関与政策」
 二 関与政策を導入するための条件
  1 前提条件
  2 北朝鮮に対する「条件つき関与政策」の導入
  3 「危機の記憶」 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

小此木政夫(おこのぎ まさお)
慶應義塾大学法学部教授。
1945年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。
主要著作に、『朝鮮戦争―米国の介入過程』(中央公論社、1986年)、『ポスト冷戦の朝鮮半島』(編著)(日本国際問題研究所、1994年)、『市場・国家・国際体制』(共編著)(慶應義塾大学出版会、2001年)など。

中山俊宏(なかやま としひろ)
津田塾大学国際関係学科助教授。
1967年生まれ。青山学院大学大学院国際政治学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(国際政治学)。
主要著作に、『米国民民主党―2008年政権奪回への課題』(共著)(日本国際問題研究所、2005年)、『帝国アメリカのイメージ―国際社会との広がるギャップ』(共著)(早稲田大学出版部、2004年)、『G・W・ブッシュ政権とアメリカの保守勢力―共和党の分析』共著)(日本国際問題研究所、2003年)など。

倉田秀也(くらた ひでや)
杏林大学総合政策学部教授。
1961年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
主要著作に、『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』(共編著)(慶應義塾大学出版会、2005年)、『ニクソン訪中と冷戦構造の変容―米中接近の衝撃と周辺諸国』(共編著)(慶應義塾大学出版会、2006年)、『戦後日韓関係の展開』(共著)(慶應義塾大学出版会、2005年)など。

道下徳成(みちした なるしげ)
防衛庁防衛研究所主任研究官。
1965年生まれ。米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)博士課程修了。博士(国際関係学)。
主要著作に、”Calculated Adventurism: North Korea’s Military-Diplomatic Campaigns,” The Korean journal of Defense Analysis, vol. 16, No. 2(Fall, 2004) 、赤根谷達雄・落合浩太郎編『日本の安全保障』(共著)(有斐閣、2004年)、『現代戦略論―戦争は政治の手段か』(共著)(勁草書房、200年)など。

阪田恭代(さかた やすよ)
神田外語大学外国語学部教授。
1966年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究研究科後期博士課程単位取得退学。
主要著作に、『朝鮮戦争―休戦50周年の検証・半島の内と外から』(共著)(慶應義塾大学出版会、2003年)、『9.11後のアメリカと世界』(有信堂、2004年)、“Origins of the U.S.-ROK Alliance as a ‘Regional Alliance’-U.S. Policy on Asia-Pacific Collective Security and the formation of the U.S.-ROK Alliance, 1953-54,” 韓国軍史編纂研究所編『軍史』57号(2005年)など。

張 済国(チャン ジェイグック)
韓国・東西大学校国際関係学部教授。
1964年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。政治学博士。
主要著作に、『新韓日関係論』(共著)(図書出版オルム、2005年)(韓国語)、「冷戦後の朝鮮半島」久保文明・赤木完爾編『アメリカと東アジア』(慶應義塾大学出版会、2004年)など。

平岩俊司(ひらいわ しゅんじ)
静岡県立大学大学院国際関係学研究科教授。
1960年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。
主要著作に、『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』(共編著)(慶應義塾大学出版会、2005年)、「冷戦後の朝鮮半島―冷戦期対立構造の呪縛」長谷川雄一・高杉忠明編著『新版現代の国際政治―冷戦後の日本外交を考える視角』(ミネルヴァ書房、2002年)、「北朝鮮にとっての中国―中朝友好協力相互援助条約締結にいたる認識共有過程」『東亜』No.376(1998年10月)など。

斎藤元秀(さいとう もとひで)
杏林大学総合政策学部教授。
1948年生まれ。コロンビア大学大学院博士課程修了。Ph.D.(国際関係論)。
主要著作に、『ロシア外交政策』(勁草書房、2004年)、『東亜細亜国際関係のダイナミズム』(編)(東洋経済新報社、1999年)、『テロの時代と新世界秩序』(共編著)(時事通信社、2002年)など。

室岡鉄夫(むろおか てつお)
防衛庁防衛研究所教官。
1959年生まれ。韓国・延世大学校国際学大学院修士課程修了。
主要著作に、「日本における北朝鮮研究」『現代韓国朝鮮研究』1号(現代韓国朝鮮学会、2001年)『韓国学のすべて』(共著)(新書館。2002年)など。

野中健一(のなか けんいち)
島根県立大学北東アジア地域研究センター助手。
1973年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。
主要著作に、「韓国における労働排除の権力構造」『法学政治学論究』56号(2003年)、「韓国における労働政治の構造的問題―労使協議制の機能不全」『法学政治学論究』60号(2004年)、「韓国におけるポスト国家コーポラティズム」鐸木昌之・平岩俊司・倉田秀也編『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』(慶應義塾大学出版会、2005年)など。

岩本卓也(いわもと たくや)
外務省朝鮮半島専門官。
1961年生まれ。韓国・高麗大学校博士課程修了。経済学博士。
主要著作に、「韓国の所得分配の不平等化と資産分配」『アジア経済』32巻2号(アジア経済研究所、1991年)、「韓国および台湾経済の比較分析」『外部商調査月報』No.1 (1992年)、「金正日体制の確立と内政及び外交での変化」『東亜』No. 397(霞山会、2000年)など。

礒崎敦仁(いそざき あつひと)
慶應義塾大学法学部非常勤講師。
1975年生まれ。韓国・ソウル大学校大学院外交学科博士課程中退。
主要著作に、「北朝鮮住民の意識動態―忠誠心の行方」小此木政夫編『韓国における市民意識の動態』(慶應義塾大学出版会、2004年)、「金正日体制の出帆―『苦難の行軍』から『強盗大国』論へ」鐸木昌之・平岩俊司・倉田秀也編『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』(慶應義塾大学出版会、2005年)、「北朝鮮政治体制論の研究動向と『スルタン主義』」『季報国際情勢』76号(2006年)など。

李 泳采(イ ヨンエ)
1971年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程在学中。
主要著作に、「日朝漁業暫定合意の歴史と現状」鐸木昌之・平岩俊司・倉田秀也編『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』(慶應義塾大学出版会、2005年)、『なるほど! これが韓国か―名言・流行語・造語で知る現代史』(共著)(朝日新聞社、2006年)など。

定価3,672円 (本体:3,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.