Detail
 
海域アジア
A5判/上製/356頁
初版年月日:2004/06/30
ISBN:978-4-7664-1044-0
(4-7664-1044-0)
Cコード:C3031
定価 3,672円(本体 3,400円)

海域アジア
目次 著者略歴

ASEANとオセアニアをアジアの「海域」という一つの概念でとらえなおし、その政治、経済、国際関係、安全保障を論じる。シリーズ「現代東アジアと日本」第4巻。

目次

総 論 関根政美・山本信人

第1部 海域アジアの国際関係

第1章 アジアにおける地域主義の展開
大庭三枝
はじめに
一 アジアにおける地域主義の沿革
1 自立への希求と冷戦の影
2 主体としての東南アジア地域形成を目指して
3 アジア太平洋地域の浮上とその背景
二 冷戦の終結と重層的地域主義の展開
1 冷戦のインパクトとアジア太平洋地域主義
2 ASEAN協力の深化と拡大
3 東アジア地域主義の萌芽とその背 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

大庭三枝(おおば・みえ)
東京理科大学工学部講師
1968年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(学術博士)。
主要著作に、「『境界国家』と『地域』の時空論:日豪のアイデンティティ模索とアジア太平洋地域の創出」(『レヴァイアサン』第26号、2000年)、『アジア政治経済論』(共著、末廣昭・山影進編著、NTT出版、2001年)、『東アジア地域主義と日本外交』(共著、山影進編、日本国際問題研究所、2003年)、『アジア太平洋への道程』(ミネルヴァ書房、2004年(近刊))など。

末廣昭(すえひろ・あきら)
東京大学社会科学研究所教授
1951年生まれ。東京大学大学院経済学研究科修了(経済学博士)。
主要著作に、Capital Accumulation in Thailand 1855-1985, UNESCO, The Centre for East Asian Cultural Studies, 1989、『キャッチアップ型工業化論―アジア経済の軌跡と展望―』(名古屋大学出版会、2000年)、『進化する多国籍企業―いま、アジアでなにが起きているのか?―』(岩波書店、2003年)など。

高埜健(たかの・たけし)
熊本県立大学総合管理学部助教授
1960年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。
主要著作に、「東南アジアにおける多国間主義―地域安全保障の観点から―」(『国際政治』第133号「多国間主義の検証」2003年8月)、『国際機構の政治学』(共著、高杉忠明編、南窓社、2003年)、Road to ASEAN-10(共著、Sekiguchi and Noda, eds.)Singapore: ISEAS, Tokyo: JCIE, 1999など。

長津一史(ながつ・かずふみ)
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助手
1968年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。
主要著作に、Pirates, Sea Nomads or Protectors of Islam?: A Note on "Bajau" Identifications in the Malaysian Context(『アジア・アフリカ地域研究』第1号、2001年)、「周辺イスラームにおける知の枠組み―マレーシア・サバ州、海サバ人の事例(1950-70年代)」(『上智アジア学』第20号、2002年)など。

武田康裕(たけだ・やすひろ)
防衛大学校国際関係学科兼総合安全保障研究科教授
1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中途退学(学術博士)。
主要著作に、『民主化の比較政治―東アジア諸国の体制変動過程―』(ミネルヴァ書房、2001年)、『最新版 安全保障学入門』(共編著、亜紀書房、2003年)、『アメリカが語る民主主義―その普遍性、特異性、相互浸透性―』(共著、ミネルヴァ書房、2000年)など。

川中豪(かわなか・たけし)
アジア経済研究所研究員
1966年生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科博士課程修了(政治学博士)。
主要著作に、Power in a Philippine City, (Chiba: Institute of Developing Economies, 2002),「フィリピン地方政治研究における国家中心的アプローチの展開」(『アジア経済』第42巻第2号、2001年)、「フィリピン地方都市における権力メカニズム:ナガ市の事例」(『アジア経済』第41巻第1号、2000年)など。

白石昌也(しらいし・まさや)
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
1947年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(学術博士)。
主要著作に、『ベトナム民族運動と日本・アジア』(巖南堂書店、1993年)、『ベトナムの国家機構』(編著、明石書店、2000年)、『ベトナム経済―21世紀の新展開―』(監訳(グエン・スアン・オアィン著)、明石書店、2003年)など。

金子芳樹(かねこ・よしき)
獨協大学外国語学部教授
1957年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了(法学博士)。
主要著作に、『マレーシアの政治とエスニシティ―華人政治と国民統合―』(晃洋書房、2001年)、『現代アジアの統治と共生』(共編著、慶應義塾大学出版会、2002年)、「マレーシア―国家・NGO関係における二つの二重構造―」重冨真一編『アジアの国家とNGO―アジア15カ国の比較研究―』(明石書店、2001年)、など。

山本信人(やまもと・のぶと)
慶應義塾大学法学部教授
1963年生まれ。コーネル大学大学院政治学研究科博士課程修了。
主要著作に、『岩波講座東南アジア史7 植民地抵抗運動とナショナリズムの展開』(共著、池端雪浦編、岩波書店、2002年)、『世紀末からの東南アジア』(共編著、慶應義塾大学出版会、2000年)、『地域の世界史1 地域史とは何か』(共著、濱下武志・辛島昇編、山川出版社、1997年)など。

小柏葉子(おがしわ・ようこ)
広島大学平和科学研究センター助教授
1959年生まれ。津田塾大学大学院国際関係学研究科博士課程単位取得退学。
主要著作に、「太平洋島嶼フォーラムの変化と連続性―オセアニアにおける多国間主義の現段階―」(『国際政治』第133号、2003年)、『太平洋島嶼と環境・資源』(編著、国際書院、1999年)、"South Pacific Forum: Survival under External Pressure," New Regionalisms in the Global Political Economy: Theories and Cases, ed. by S. Breslin, et al. (London: Rutledge, 2002) など。

鎌田真弓(かまだ・まゆみ)
名古屋商科大学総合経営学部教授
1958年生まれ。オーストラリア国立大学(The Australian National University)Ph.D.
主要著作に、「多文化主義の新展開―先住民族との「和解」―」(『オーストラリア研究』第13号、2001年3月)、「「聖地の保全」をめぐる政治的対話―オーストラリア・アボリジニの鉱山開発反対運動を事例として―」(『国際政治』第129号、2002年2月)、「国民国家のアボリジニ」小山修三・窪田幸子編『多文化国家の先住民―オーストラリア・アボリジニの現在―』(世界思想社、2002年)など。

関根政美(せきね・まさみ)
慶應義塾大学法学部教授
1951年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程修了(社会学博士)。
主要著作に、『概説オーストラリア史』(共著、有斐閣、1988年)、『マルチカルチュラル・オーストラリア』(成文堂、1989年)、『多文化主義社会の到来』(朝日新聞社、2000年)、『東南・南アジア・オセアニア』(共著、自由国民社、2001年)など。

定価3,672円 (本体:3,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.