明治31年から続く慶應義塾の機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

  No.1208(2017年2月号)
  特集  サイバーセキュリティの展望

 

 
今月の表紙
表紙絵:久住三郎
 
毎月1回1日発行
税込価格:443円(本体 410円)
定期購読:4,600円(税・送料込)
在庫あり
在庫について
配送料について
定期購読のお申し込み
 
ご注文方法はこちら
space今月の特集spacespace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space  
   

◆KEIO PHOTO REPORT

 
 
◆特集

サイバーセキュリティの展望

「サイバー攻撃」「個人情報流出」といった言葉を報道で耳にしない日はないように感じます。それほどサイバーセキュリティの重要度は増しており、その範囲は個人から国家までに及びます。現在のサイバーセキュリティの課題は何か、開かれた公共の領域であるサイバー空間を守り、そこを無限の価値を産むフロンティアとしておくために何が必要なのか、鋭く迫る特集です。

 
〈座談会〉
高まるリスクにどう対応するか
 
大塚海夫(海上自衛隊幹部学校長)
三角育生(内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)副センター長)
小宮山功一朗(JPCERTコーディネーションセンター国際部シニアアナリスト)
村井 純(慶應義塾大学環境情報学部長、同教授)
 
〈関連記事〉

情報セキュリティの変遷とそのゆくえ
新保史生(慶應義塾大学総合政策学部教授)

 

ハイブリッド戦争の到来──サイバー攻撃が社会を混乱させる
土屋大洋(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)

 
 
   
 慶應義塾維持会
母校を思う塾員と篤志家の皆様により、義塾の教育研究活動を財政支援する目的で設立された一世紀余の歴史を有する組織です。
会員の皆様にはご加入期間『三田評論』を贈呈いたします。
→詳細はこちら
 
 連載「新 慶應義塾豆百科」

 次号予告
2017年3月号 No.1209

◆特集◆
ツーリズムの未来

 
 前号紹介
2017年1月号 No.1207

いまこそ生かす建学の精神

前号表紙
 
バックナンバー
◆その他の企画
年頭の挨拶「相対的に考える」(清家 篤)
   
<話題の人
京町家を再生し、歴史を引き継ぐ
   
小野暢夫さん

小野暢夫さん
(CAMPTON株式会社 代表取締役・塾員)

 
インタビュアー: 山田 真(帝人ファーマ株式会社部長・塾員)
   
京都で古くからある町家を改装し、一棟貸しの宿として再生、提供する事業を手掛ける小野さん。海外で歴史的建造物を今に生き返らせる経験を経て、一昨年より始めたこのビジネスがとても好評です。自分たちは「建物を介した歴所の参加者」であるという意識をもって仕事をされている小野さんに、そのお考えをお聞きしました。
   
 
<連載>
 福澤諭吉をめぐる人々 その10 杉 亨二
馬場国博
 義塾を訪れた外国人 第13回 アデナウアー

フィリップ・オステン

 新 慶應義塾豆百科 第12回 三田の福澤像

 


 
<時の話題 ふるさと納税>
 民間事業者から見たふるさと納税の現状と今後 松俊和
 地域活性化とふるさと納税 三神万里子
 「ふるさと納税」は寄附税制の趣旨を忘れずに 土居丈朗

 

 
<写真に見る戦後の義塾13>
 「山食」の猪熊弦一郎 福士 理

 

 
<その他>
 丘の上 

大野直竹、重田 勇、堤たか雄

 講演録

国分良成

 塾員クロスロード

児玉明子

 Researcher's Eye

川嶋隆憲、オオニシタクヤ、齋藤義正

 執筆ノート

『パリの福澤諭吉──謎の肖像写真をたずねて』山口昌子
『快傑ハリマオを追いかけて』二宮善宏

 社中交歓(銀)

菊野美恵子、西澤保佑、瞳みのる、柴田利雄

<追想>
 小川英雄先生を悼む──研究者らしい研究者
杉本智俊
 

 
TOPへ戻る
 
  ● 慶應義塾大学関連の書籍 ●  
 
慶應義塾幼稚舎疎開学園の記録 上
慶應義塾幼稚舎疎開学園の記録 上
回想 慶應義塾 鳥居 泰彦 著
回想 慶應義塾 鳥居 泰彦 著
福澤諭吉 歴史散歩 加藤 三明 著 山内 慶太 著 大澤 輝嘉 著
小泉信三エッセイ選 1
善を行うに勇なれ
慶應義塾幼稚舎疎開学園の記録 上 伝記 小泉信三 回想 慶應義塾 福澤諭吉 歴史散歩
小泉 信三 著 慶應義塾幼稚舎「疎開学園の記録」編集委員会 編 神吉 創二 著 鳥居 泰彦 著 加藤三明 著
山内慶太 著
大澤輝嘉 著

今上天皇の御教育係、戦時の慶應義塾長であった小泉の、日本のモラル・バックボーンとなる数多のエッセイを厳選。「当代の文章家」による、21世紀の今もなお心に響く六十余編。

慶應義塾幼稚舎の体験した戦争の記録。幼稚舎に残る史料を再構成して上下2巻にまとめる。

塾長として戦時の慶應義塾を守り、戦後は文筆家として日本の幅広い層に影響与え、今上天皇の皇太子時代の御教育常時参与として世に知られる小泉信三。その生涯を、平易な文体で描いた待望の伝記。

世紀の転換期に慶應義塾長を務め、その後も文部科学省中央教育審議会の初代会長を務めるなど、教育行政に長年関わってきた鳥居泰彦氏による慶應義塾の歴史叙述!

『福翁自伝』に沿いながら、中津・大阪・東京・ロンドン・パリなどの福澤先生ゆかりの地を辿り、彼が生きた時代の背景を知ることができる一冊。

 
     
     
     
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.