Contents
目次
国家・メディア・コミュニティ
A5判/上製/284頁
初版年月日:2022/02/05
ISBN:
978-4-7664-2787-5
 
(4-7664-2787-4)
Cコード:C3031
税込価格:5,060円
国家・メディア・コミュニティ

目次

はじめに

第一章 マス・コミュニケーションと近代国民国家
 一 国家と国民的アイデンティティ
 二 マス・コミュニケーションの発展と国民国家の形成
  1 「権威主義」体制の時代
  2 「国民」と「市民」、そして「公共圏」
  3 マス・メディアの国民化と自由主義理論の変化
  4 「社会帝国主義」とマルクス・レーニン主義
  5 政治多元主義と国民国家のナショナリズム
 三 大衆国家と宣伝・キャンペーン
  1 大衆社会、そして大衆国家
  2 戦争報道と動員されるメディア
  3 ラジオの普及と制度化
  4 大衆国家によるマス・メディアの活用
 四 テレビ時代における国家観の多様化と変容
  1 テレビ時代の始まりと放送制度
  2 「コミュニケーション発展(Communication and Development)」モデル
  3 国家論の「復権」とマス・コミュニケーション
 五 結び――グローバリゼーションとメディア変容――

第二章 情報社会論再考――グローバリゼーションとの関連を中心に――
 一 はじめに
 二 情報社会論の始まりと普及
  1 マルクス主義と情報社会論
  2 情報社会論の諸相
 三 革命、あるいは再生産?
  1 情報社会論とそれに対する批判
  2 「情報化」の二つのとらえ方
 四 情報化の進展とグローバリゼーション、そして「歴史の終わり」
  1 グローバリゼーションと情報社会論
  2 「歴史の終わり」と新自由主義
  3 情報化の進展と新自由主義
  4 「第三の道」の提唱
 五 デジタル・ディバイド論、そして「帝国」論
 六 結 び

第三章 情報化の進展とコミュニティ(論)の変容――国民国家との関連から――
 一 はじめに――コミュニティとは何か――
 二 コミュニティと国民国家
  1 マッキーヴァーのコミュニティ論
  2 コミュニティとしての国民国家
 三 情報化の進展とコミュニティ論の変容
  1 政治発展論と政治多元主義論
  2 「コミュニケーション発展モデル」の中のコミュニティ
  3 コミュニティ(論)の多様化とオーディエンス(論)の変容
 四 「想像のコミュニティ(共同体)」としての国民国家
  1 国民的アイデンティティと国民文化
  2 国民文化の権力的側面
  3 「想像の共同体」論のインパクト
  4 メディア・イベントと国民の再生産
 五 結 び

第四章 多様化・多層化するコミュニティとコミュニティ・メディア
 一 はじめに――情報化とグローバリゼーションの進展
 二 対抗文化と地域コミュニティ
 三 グローバリゼーションの中のコミュニティ――ディアスポラを中心に――
 四 コミュニティの再形成と「コミュニティの結束」
 五 コミュニティ・メディアの変容とヴァーチャル・コミュニティ
 六 結 び

第五章 戦後日本社会のメディア・ナショナリズム
 一 はじめに――メディア・ナショナリズムとは――
 二 メディア・ナショナリズムと「司馬史観」
 三 メディア環境の変化とメディア・ナショナリズム
 四 戦後日本のナショナリズムの変容
  1 ナショナリズムの論じられ方
  2 ナショナリズム意識の変容
 五 メディアによるナショナリズムの顕在化
 六 結び――近年のナショナリズム意識の動向――

第六章 日本のソフト・パワーの「歴史性」と「政治性」
 一 日本の「ソフト・パワー=ブランド」戦略
 二 日本の自己イメージとソフト・パワー(T)――湾岸戦争以前――
 三 日本の自己イメージとソフト・パワー(U)――一九九〇年代の変容――
 四 日本の自己イメージとソフト・パワー(V)――「同時多発テロ」と小泉「官邸外交」――
 五 安倍外交のディレンマとアジア・ゲートウェイ構想
 六 結び――連関する「平和国家」と「政治大国」――

第七章 「物語」としての政治と歴史認識
 一 はじめに──言説と文脈――
 二 集合的記憶とニュースの物語
 三 「物語」と構築・構成される「歴史」(一)――歴史教科書問題――
 四 「物語」と構築・構成される「歴史」(二)――歴史小説――
 五 「物語」と構築・構成される「歴史」(三)――評論――
 六 結 び

第八章 ジャーナリズムと歴史認識
 一 はじめに──公共圏としてのメディア――
 二 『敗戦後論』の歴史認識
 三 『永続敗戦論──戦後日本の核心――』の歴史認識
 四 結び――公共圏の中のジャーナリズム――

第九章 沖縄地方紙と沖縄の「地方益」
 一 はじめに──「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」(二〇一三年四月二八日)をめ
 ぐって──
 二 沖縄地方紙に関する評価
 三 沖縄地方紙へのインタビュー結果
  1 沖縄地方紙の組織編成とニュースの制作過程
  2 社説による社論の提示
  3 普天間基地の辺野古移設問題
  4 翁長県政と「オール沖縄」
  5 「国益」と「地方益」
  6 沖縄、沖縄地方紙に対する認識
 四 考 察

あとがき
初出一覧

参考文献  巻末4
索 引  巻末1
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.