Contents
目次
韓国「建国」の起源を探る
四六判/並製/312頁
初版年月日:2021/12/15
ISBN:
978-4-7664-2785-1
 
(4-7664-2785-8)
Cコード:C3022
税込価格:2,970円
韓国「建国」の起源を探る
三・一独立運動とナショナリズムの変遷

目次

はじめに

序 章 三・一革命――独立運動と変容する韓国ナショナリズム
 1 大韓民国憲法・前文
 2 ニューライトと建国節
 3 変容する大韓民国臨時政府の歴史的位置づけ
 4 「三・一革命」論の台頭とその論理
 5 「三・一革命」を乗り越える

第一章 第一次世界大戦――共和制か帝政か
 1 朝鮮半島から海外へ――韓国併合と武断政治
 2 敵の敵は味方――ロシアとの提携と第一次世界大戦の勃発
 3 対華二十一ヵ条要求――革命派中国人との提携の模索
 4 幻の中国・ドイツ連合軍――手段としての帝政復活

第二章 民族自決――戦略としての民主主義
 1 ロシア二月革命の衝撃――大韓民国臨時政府の起源
 2 吉野作造とロシア革命――翻訳語「民族自決」の誕生@
 3 アメリカの参戦と在米朝鮮人
 4 ウィルソンの「民族」と「自決」概念――翻訳語「民族自決」の誕生A
 5 終 戦――アメリカと上海における独立請願
 6 二・八独立宣言
 7 ロシア内戦――朝鮮独立運動の新展開

第三章 三・一独立運動――支配者、協力者、そして情報源としての日本
 1 万歳デモの展開
 2 三・一独立運動の準備過程――「自決」とパリ講和会議の情報源
 3 新宿中村屋と崔南善――ウィルソンと日本政府宛の請願書の国際発信
 4 三・一独立運動と日本社会
 5 尹致昊の三・一独立運動批判

第四章 朝鮮ナショナリズム――三・一後の独立運動の行方
 1 大韓民国臨時政府というアピール
 2 共産主義運動の台頭――臨時政府と二つの高麗共産党
 3 朝鮮半島における独立運動の展開と分裂

終 章 韓国「建国」の起源

注 
あとがき
図版出典一覧
索引(人名・事項)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.