Contents
目次
現代語訳 女大学評論 新女大学
新書判/並製/176頁
初版年月日:2020/11/15
ISBN:
978-4-7664-2710-3
 
(4-7664-2710-6)
Cコード:C0010
税込価格:1,320円
現代語訳 女大学評論 新女大学

目次

はじめに

 女大学評論

一.嫁は義理の両親に絶対服従するの?
二.女は、温和・貞淑ていしゅく・情け深く・静か。それだけでいの?
三.結婚するまで身を固くしなければならないのは女だけ?
四.婦人の七去しちきょだって。何これ?
五.自分の親より旦那の親を大切にね。できるかなあ?
六.えっ!  婦人の主君は夫なの?
七.義理のきょうだいも敬わなければならないの?
八.へーえ、旦那の浮気には優しい顔で穏やかに対応しなければならないのね?
九.女は黙って静かにしていればいいの?
十.朝は早起き、夜は遅く寝て、昼寝はダメ。いつ寝ればいいの?
十一.迷信に惑わされるのは女子が多いのはどうして?
十二.倹約は大事だけどそれだけでいいの?
十三.親類も友人も召使いも。ともかく男に近づいてはいけないのね?
十四.質素で目立たないものを着ていればいいのね?
十五.夫の許可がないとどこにも出かけられないのね?
十六.他の家に遊びに行ってもいけないし実家に帰ってもいけないの?
十七.私は下男・下女と一緒なの?
十八.下女の使い方って難しいのね?
十九.婦人は不和不順、うらむ、そしる、ねたむ、知恵が浅い。言いたい放題ね――
 女大学終

 新女大学
一.男子も女子も対等に育てる
二.イクメンのススメ
三.女子も元気に活発に育てる
四.まず女子教育の基礎を教える
五.女子の学問で重要なのは経済と法律
六.優美な心を大切に
七.和歌、茶の湯も大切だがもっと大切なものは……
八.父母の行いが子どもの道徳心を育てる
九.開けっ放しの雰囲気が親子を円滑にする
十.我が国の結婚の在り方だって捨てたものじゃない
十一.両性の気品を高めて結婚の契約を自由自在にする
十二.結婚したら男女は一心同体
十三.嫁と義理の両親との関係は難しい、言うまでもなく
十四.別居のススメ。せめて二世帯住宅を
十五.離れているからこそ義理の両親を大切に
十六.婦人外出のススメ。だけど子育てには責任を持って
十七.目下の者との接し方に品格が表れる
十八.女子にも経済の思想が必要
十九.女子だからこそ恥じらいを持って。気品を高めて
二十.今、空虚な文学よりも実学を学ぶべき時
二十一.下品な人とは付き合わないことが肝要
二十二.男子の浮気は決して許されない。放置するのは妻の罪
二十三.女子の再婚は世界の趨勢
 「女子大学」を撃破する
 子どもを愛する気持ちは深く広い
 女子の安定のためには教育が最重要
 女子に財産を与えることによって自由を獲得させる

おわりに
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.